美顔器にも♡人気の家庭用脱毛器ケノンの効果、使用頻度、使い方は?

今、家庭用脱毛器ケノンが大人気!でも本当に効果があるのか気になりますよね?

家庭用脱毛器でどこまでの効果が期待できるの?使用頻度はどれくらいなの?価格は?どこで買えるの?
この記事では、その使い方やお得に購入する方法も併せて徹底調査しました!

夏に向けて脱毛したいけど『脱毛サロンに通うのは面倒』『育児中でなかなか外出できない』『人に見られるのは恥ずかしい』などの理由から、1歩踏み出せない方はたくさんいらっしゃると思います。

そんな皆さん!自宅で気軽に使える脱毛器を検討してみませんか?
『でも…家庭用脱毛器って本当に効果があるの?そもそも脱毛器は値段が高いイメージ…』ここでは、そんな疑問をお持ちの皆さんのために、お手頃な価格帯で大人気の家庭用脱毛器「ケノン」をご紹介します。

脱毛器を検討しているけれど、どれを選べばいいのかわからず不安に感じている方はぜひ参考にしてみてください。

そしてこの夏、あなたも家庭用脱毛器デビューしちゃいましょう!

この記事でわかること
・ケノンの機能や特徴
・ケノンの効果的な使い方
・ケノンの購入方法

読むのに必要な時間は約 20 分です。

1.家庭用脱毛器ケノンとは?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 黒髪クン (@0820_lilili) on

ケノンは、黒色のメラニンに反応する特殊な光を利用したフラッシュ脱毛が、自宅でできる便利な脱毛器です。

その人気は楽天市場で脱毛器部門だけでなく、オール家電部門でも売上1位を独走しているほど!まずは『ほかの脱毛器と、どこがそんなに違うの?』『どの部位に使えるの?』という、ケノンの基礎知識から解説していきます。

■ケノンの特徴

ケノンが断トツの人気をキープし続けている秘密は、つぎの5つの特徴にあります。

● 高技術な機能が充実
● 照射範囲が広くてスピーディー
● 照射回数が多くてコスパ抜群
● ほぼ全身の脱毛に使える
● 安心の日本製

それぞれ説明していきますね。

【高技術な機能が充実】
ケノンには、高度な技術をもちいた機能がたくさんついています。
代表的な機能はこちらです。

出力レベル10段階 肌のコンディションにあわせて、照射の出力レベルが10段階から選べます。
6連射機能付き 肌への負担を減らすための6連射機能付きです。
オートモード機能付き 照射ボタンを押さずに照射ができるオートモードを使えば、ハンドピースをずらすだけで簡単に脱毛ができます。
美顔機能付き 専用カートリッジに取り替えるだけで、本格的なスキンケアができる美顔機能付きです。

【照射範囲が広くてスピーディー】
ケノンの照射範囲は、高さ2.5cm x 幅3.7cm
一般的なレーザー脱毛器の照射範囲は1cm x 1cmなので、ケノンの照射範囲がかなり広いことがわかりますよね。照射範囲が広いということはつまり、少ない照射回数でよりスピーディーにお手入れができるということです。

ただし、照射範囲が広すぎてもフラッシュ光の効果がなくなってしまいます。ケノンの照射範囲は、フラッシュ光の効果がキープできる適切なサイズ設定です。

【照射回数が多くてコスパ抜群】
ケノンのカートリッジ1個の照射回数は、レベル1で使用した場合100万発

レベル10で毎回使用したとしても、30万発も使えます!これは、レベル10で2週間に1回、全身に使用したとしても軽く10年以上は使える計算になります。1ショットのコストは、レベル1で0.04円。レベル10でも0.59円という、驚きの高コスパが魅力です!

【ほぼ全身の脱毛に使える】
家庭用脱毛器のなかには、顔やVIOへの使用はNGなど使える部位への制限がある商品が少なくありません。

せっかく脱毛器を買っても、希望する部位の処理ができないのは、がっかりですよね。その点ケノンなら、顔、腕や足、ワキ、VIOなど 1台でほぼ全身の脱毛に使用できます

【安心の日本製】
日本人の敏感な肌にあわせた設計や、購入後のカスタマーサービスなどケノンは日本製にこだわりをもっています。

脱毛器本体の画面ディスプレイも日本語なので、操作に戸惑うことがありません。

■使用頻度は?

ケノンの使用頻度は、 2週間に1回がベストです。早く効果を感じたくて毎週や毎日など、高ペースで使用してもカートリッジの照射残量をムダにするだけなのでやめましょう。

また、肌への負担も大きくなってしまうので少なくとも10日間は使用間隔を空けたいですね。

では、なぜ2週間に1回の頻度で使うべきなのかというとこれには毛周期が関係しています。毛周期とは、毛が生え変わるサイクルのことで大きくわけて『成長期』『退行期』『休止期』の3つのステージがあります。


出典:https://www.datsumou-suiso.com
成長期 活発に毛が成長している期間
後退期 成長が終了し、抜け落ちるまでの期間
休止期 毛が抜け落ちたあと、新しい毛ができ始めるまでの期間

ケノンが効果を発揮できるのは、この3つのステージのうち『成長期』の毛だけです。
皮膚表面に見えている毛は全体の20〜30%なので、毛周期と肌への負担を考えると、2週間に1回がベストなケノンの使用頻度となります。

■痛みはある?

光脱毛で気になるのが痛みですよね。痛みの感じ方には個人差がありますが、光脱毛はレーザーほど痛くないというのが一般的です。特にケノンは、痛みが少ないことで知られています。ケノンを使った方の痛みに関する口コミをまとめると、

● レベル6〜7くらいまでは、ほとんど痛みを感じない
● レベル10でも、輪ゴムでパチっと弾かれた程度の痛痒さ

というものがほとんどでした。
ただし、毛が濃い部分は痛みを強く感じがちです。逆に、毛が細い部位や脂肪が多い部位などはあまり痛みを感じないことが多いでしょう。

【痛みが少ない部位の例】
顔(女性)/胸(女性)/お腹周り/太もも/二の腕

【痛みが強い部位の例】
顔(男性)/胸(男性)/膝下/肘下/ワキ/VIO

照射をする前に肌を冷やすと痛みが軽減されます。痛みが強そうな部位を照射する前には、より念入りに冷却しましょう。

また、実際にはさほど痛くなくても、いきなり衝撃がきて、思わず『痛っ!』と感じてしまうことがありますよね。ケノンなら自分のタイミングで照射できるので、脱毛サロンのような『びっくり痛さ』が軽減されるのは、痛みが苦手な方に朗報かもしれません。

■永久脱毛できる?

ずばり、ケノンで永久脱毛は可能なのでしょうか?結論からいうと、 ケノンで永久脱毛はできません

これは、脱毛エステサロンで受けるフラッシュ脱毛でも同じことです。フラッシュ脱毛の仕組みを簡単に説明すると…


出典:https://www.bijo-datsumo.jp

フラッシュ脱毛はメラニン色素(黒い色)にのみ反応する特殊な光の熱を利用して、毛根にダメージを与える脱毛方法です。

毛根がダメージを受けたことで、そこに生えている毛が弱りやがて抜け落ちるのです。照射から毛が抜け落ちるまでに、約1〜2週間ほどかかります。ここでのポイントは、毛根自体を破壊したわけではないのでまた しばらくすると新たな毛が生えてくるということです。

かといって、ムダ毛がまったくなくならないというわけでもありません。施術を繰り返えしているうちに毛穴が弱まっていき、毛が細く目立たなくなるのが一般的です。人によっては、ムダ毛がほとんど生えてこなくなった、という嬉しいケースもあります。

ただし、ケノンのフラッシュ脱毛が目指すのは『永久脱毛』ではなく、 ムダ毛が目立たない状態を目指す『不再生脱毛』だということを覚えておきましょう。

一方、フラッシュ脱毛よりも強い熱を使うレーザー脱毛は毛根(毛乳頭)そのものを破壊するので、その毛根からは二度と毛が生えてきません。

ただし、この永久脱毛ができるのは医療脱毛のみと法律で定められています。なので、脱毛サロンでは医療脱毛とみなされるレーザー脱毛を行うことができないのです。フラッシュ脱毛の効果は永久ではありませんが、レーザーと比べて肌への負担が少なく費用も安いなどのメリットがたくさんあります。

■ケノン美顔機能とは?

ケノンは脱毛器としてでなく、専用カートリッジに取り替えれば美顔器としても使うことができます。

しかも、おまけ的な機能ではなくかなり本格的です!脱毛器部門だけでなく、美顔器部門でも売上No.1を獲得しています。エステだと1回の施術で1万円〜5万円が平均的ですが、ケノンなら1回約45円!自宅で気軽に高級エステのフォトフェイシャルケアを受けられるのは嬉しいですよね。

でも、家庭用の美顔器は、施術用のジェルや美容液を準備するのが面倒という方も多いのではないでしょうか?ケノンのスキンケアはジェルや美容液も不要なので、そういった悩みもありません。

また、ケノンの美顔機能では、強い光を一気に当てるのではなく細かい光を高速で10連射することができます。これは、肌への負担をおさえるための高い技術なので、肌への刺激が気になる方や初めてのセルフ光エステで不安な方にもおすすめです。

ケノンの美容機能の使い方
【1】電源コードを接続して、スイッチをON。
【2】ピンク色の専用カートリッジを装着。
【3】本体のタッチパネルから、電源をON。スキンケアモードになっていることを確認。
【4】照射レベルを選択。
【5】専用ゴーグルをかける。
【6】照射口を肌にしっかり当てて、照射ボタンをON。

フェイスラインを引き上げるように、下から上に向かって移動しながら照射しましょう。1週間に1度の使用頻度が目安です。

■VIO脱毛もできる?

VIOのセルフ処理といえば、シェービング、カット、ワックスなどで脱毛するという3つが一般的ですが、その効果はどれも一時的なものです。

しかも、デリケートな部分なので処理を繰り返しているうちに毛穴の炎症や埋没毛、色素沈着などのトラブルの原因になりやすいというデメリットがあります。そしてなにより、あの生えかけのチクチク感も嫌ですよね。

かといって、脱毛サロンに通うのも恥ずかしくて勇気が出ない…ということで、ケノンを使ってVIO脱毛ができるのかどうかも、気になっている方が多いのではないでしょうか?ケノンなら、今まで脱毛サロンでしかできなかったVIO脱毛も自宅でOK。

しかも、エステサロン並の仕上がりになると評判です!

ただし、ケノンは粘膜への照射がNGなため、粘膜に近いIOラインへの使用は推奨していません

下着からはみ出るアンダーヘアや、チクチク・ゴワゴワ感がなくなるだけでも嬉しいけど、どうしてもIOラインも処理したい!という場合は、細心の注意を払いましょう。

慣れないうちは時間がかかりますが鏡を使ったり、照射しやすい体勢を見つけるなど、コツがつかめると短時間でサッとできるようになりますよ。

また、VIOの毛周期は比較的長めなので、脱毛サロンのコースが終了した後に毛がまた生えてくることが珍しくありません。ケノンを使ったほうが早く脱毛できるというわけではありませんが、長い目で見ると使い続けられるケノンの方がVIO脱毛に向いているでしょう。

■男性も使える?


出典:https://www.bijo-datsumo.jp

ケノンは男性でもほぼ全身に使用できます。
実際に、購入者の半数近くは男性というほどケノンはメンズ脱毛器としても断トツの人気商品です!スネ毛などの濃いムダ毛の脱毛はもちろん、最近特に注目されているのが髭の脱毛です。

● 朝、髭をそっても、午後にはもう伸びてきている
● かみそり負けで、肌が汚く見える
● 髭が濃くて青っぽく見える

などなど、髭に関する悩みを抱えている男性は少なくありません。

髭は無駄での中でも最も濃い毛なので、効果を感じるためには強めの出力が必要になります。

その点、ケノンは脱毛エステ並の出力レベルまで選べるので 男性のヒゲ脱毛にもばっちり対応可能です。オプションのカートリッジに付け替えて、さらに強い出力で照射をすることもできます。

ただし、いきなり強い出力レベルで照射をすると思わぬ肌トラブルを引き起こしかねません。

まずは弱めのレベルから始めて、様子を見ながら徐々にレベルを上げていきましょう。光が直接目に入らないように、付属のゴーグルを着用することも忘れずに!個人差がありますが、2週間に一度髭を剃った後に光照射を繰り返すことで、少しずつ髭が細くなり髭を剃るのが楽になっていくと感じる男性ユーザーが多いようです。

2.ケノンの効果

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 家庭用脱毛器ケノン公式 スタッフ (@ke_non) on

ケノンの使用可能な部位や、何回くらいの使用で変化が見られるのかなど、つぎは気になるケノンの効果について見ていきましょう。

■使用可能部位

ケノンは、1台でほぼ全身の脱毛に使用できます。

<ケノンが使用できる部位の例>

● 腕(二の腕、肘下)
● あし(太もも、膝下)
● 脇
● 背中
● お腹周り
● 顔・眉毛・髭
● 手足の指
● Vゾーン

同じ家庭用のフラッシュ脱毛器でも顔への使用は不可となっている場合が多いので、購入時にはぜひチェックしたいポイントです。

ケノンはスキンケア以外なら、標準装備のカートリッジですべての部位に対応できます。

ただし、太ももなどの範囲が広い部位や男性の濃い髭など、目的にあわせてオプションのカートリッジを使用すると、効率がアップする場合があるので必要に応じて検討してみてもいいかもしれませんね。カートリッジの種類については、また後ほど詳しく説明します。

■効果期間【部位別】

からだの部位によって毛周期や毛質は異なるので、どれくらいの期間で毛が目立たなくなるのかは一概には言えません。

また、照射の出力レベルや使用頻度などでも結果はかなり左右されます。でも、みんなはどれくらいで手応えを感じているのか、やっぱり気になりますよね。

そこで、脱毛する部位別に2週間に1回のペースで使用した場合に、どれくらいで効果が感じられたのかを口コミを参考にまとめました。個人差や使用方法の差があるので、あくまでも目安として参考にしてみてください。

<比較的効果が出やすい部位>
4回〜6回あたりで、毛の生えるスピードが遅くなるなどの変化をなんとなく感じ始めた方が多かったです。

脱毛する部位 毛がまばらになり始める 毛がほぼ目立たなくなる
腕・あし(出力10) 6回〜 15回〜
ワキ(出力10) 6回〜 15回〜
お腹周り(出力10) 6回〜 15回〜
指(出力10) 6回〜 15回〜

<比較的効果が出にくい部位>
8回〜10回くらいまでは、ほとんど変化を感じられなかったという方が多かったです。

脱毛する部位 毛がまばらになり始める 毛がほぼ目立たなくなる
髭(出力7〜10) 15回〜 30回〜
Vライン(出力6〜9) 10回〜 20回〜
Iライン(出力6〜9) 15回〜20回 30回〜
Oライン(出力5〜7) 6回〜 15回〜

比較的毛が細い部位では6回使用後あたりから、毛が濃い部位は10回使用後あたりから、少しずつ毛が減り始めるとというのが目安のようです。即効性はあまり望めませんが、長く使い続けていくうちに少しずつ効果が感じられたとい方が多数派でした。

3.ケノンの機能

ケノンには、ほかの脱毛器にはない機能がたくさんあります。特に注目するべき機能について、詳しく解説していきますね。

■出力10段階

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 剛毛女アンジェリーナ (@gomoanjerina) on

ケノンは、肌質に合わせて出力レベルをもっとも弱い1から脱毛エステレベルの10まで、10段階で調節ができます。

操作方法は、本体の▲▼ボタンを押すだけのワンタッチです。現在設定されているレベルは、ディスプレイ画面で確認できます。どの出力レベルで照射すればいいのかわからないという方は、こちらの表を参考にしてみてください。刺激の感じ方には個人差があるので、実際に使ってから調節しましょう。

出力レベル 肌質 パワーレベル
1〜2 非常に敏感肌 極小
3〜4 敏感肌
5〜6 普通肌
7〜10 普通肌・効果をより強く感じたい方 大(L10は脱毛エステ並み!)

一般的な家庭用脱毛器よりも出力レベルの設定が多いのですが、これは、肌が弱い方が多い日本人に向けて設計されているためです。早く脱毛したいからといって肌質にあわない強い出力レベルで照射を続けるのは、肌への大きな負担になるので避けましょう。

また、敏感肌でなくてもはじめは弱めのレベルで様子をみてから、徐々に強くしていくことをおすすめします。参考までに、『レベル6までは、まったく痛みを感じなかった』という口コミが多かったです。

■照射回数が確認できる

家庭用脱毛器の『照射回数◯発』という宣伝文句を見かけても、本当かな?と半信半疑に感じることはありませんか?ケノンは、日本で唯一、照射回数をディスプレイで確認できる脱毛器です。

あと何発照射できるのか、正確な数字をレベル別でチェックできるので信頼性が高いですよね。また、カートリッジの取り替え時期が前もってわかるのも安心ですよね。この設定パネルで、連続照射の回数(1回、3回、6回)やショットモードの切替(自動/手動)、音量調節などの操作も可能です。

すべて日本語で表示されるので、戸惑わずに操作ができます。

■カートリッジの種類

カートリッジとは、フラッシュが光るハンドピースの先端部分のことです。この部分が交換できる『カートリッジ式』というのも、ケノンの魅力のひとつ!

でも、『交換しなきゃいけないなんて、維持費が掛かりそう…』と思いませんか?実はその逆なのです!ランプが交換できないタイプの脱毛器は、ランプを使い切ってしまったら使い捨てするしかありません。一方、カートリッジ式はランプを交換するだけで本体をそのまま使い続けることができます。

家族と1台をシェアしたい場合はカートリッジを付け替えればOKなので、コスパも衛生面も抜群です。ケノンの公式サイトによると、1人での使用なら追加でカートリッジを購入する必要は殆どないとのことなので、あまり維持費については神経質にならなくてもよさそうですね。

【ケノンのカートリッジは5種類】


出典:http://kateidatu.xyz

また、ケノンには付属のカートリッジ(プレミアムカートリッジ)のほかに、脱毛したい部位や機能にあわせた別売りカートリッジも用意されています。でもこれは、あくまでもオプションで基本的には付属のカートリッジで全身の脱毛ができます。

ただし、家族でケノンをシェアしたい方やスキンケア機能を使いたい方は、カートリッジの追加購入が必要です。ケノンのカートリッジは全部で5種類あるので追加購入を検討している方のために、ケノンのカートリッジ全5種類の特徴をまとめてみました。

【プレミアムカートリッジ】


出典:https://xn--rckyc9e.com
照射回数 レベル1:100万発

レベル10:30万発

照射範囲 20mm×35mm=7.0cm2
使用用途 全身
価格 本体と同時購入:9,800円(税込)※単品販売なし

ケノン脱毛器標準装備されているカートリッジです。顔や腕・ あし、VIOなど、全身に使えます。2017年に従来のカートリッジからパワーアップして、出力レベル1で使用した場合100万発、最大のレベル10で使用しても30万発の照射が可能になりました。

2週間に1度、全身に使用しても、1人ではとても使い切れないほどの照射回数です。オプションとして購入する場合は、本体と同時購入のみとなっています。

また、カートリッジのような消耗品は保証外という商品がほとんどなのですが、プレミアムカートリッジは2年間の保証付きなので安心です!

【エクストララージカートリッジ】


出典:https://xn--rckyc9e.com
照射回数 レベル1:20万発

レベル10:1万発

照射範囲 25mm×37mm=9.25cm2
使用用途 太もも、お腹、背中など範囲が広い部位
価格 単品で購入:9,800円(税込)

本体と同時購入:6,100円(税込)

ケノンのカートリッジの中で、もっとも照射範囲が広いタイプのカートリッジです。

太ももやお腹、背中などの広範囲の照射をスピーディーに済ませたい方におすすめします。単品購入も可能ですが、本体と同時に購入するとお得です。

【ストロングカートリッジ】


出典:https://xn--rckyc9e.com
照射回数 レベル1:85,714発

レベル10:1万発

照射範囲 15mm×30mm=4.5cm2
使用用途 男性の髭やVIOなどの毛が太い部位
価格 単品で購入:9,800円(税込)

本体と同時購入:6,100円(税込)

ケノンの中でもっとも出力が強いカートリッジです。パワーが強い分、取り扱いにも注意が必要なので購入時にロックを解除しなれければ使えません。

ロックの解除は、ケノンのウェブサイトからロック解除番号をリクエストすれば簡単にできますよ。

男性の髭やVIOなどの、毛が太い部位を効率的に処理したい方におすすめです。単品購入可能。本体と同時購入でお得になります。

【ラージカートリッジ】


出典:https://xn--rckyc9e.com
照射回数 レベル1:20万発

レベル10:13,043発

照射範囲 20mm×35mm=7.0cm2
使用用途 全身
価格 単品で購入:7,700円(税込)

本体と同時購入:4,300円(税込)

プレミアムカートリッジの前に、標準装備されていたカートリッジです。照射範囲はプレミアムと同じですが、照射回数はかなり少なめなので選べるならプレミアムの購入をおすすめします。

ただし、プレミアムは単品販売をしていないので本体を購入したあとで追加のカートリッジを買いたくなった場合は、こちらのラージカートリッジを購入することになります。

照射回数が少なめと言いましたが、あくまでもプレミアムと比較した場合のことで一般的なカートリッジと比べるとかなり寿命は長いので安心してくださいね!

【スキンケアカートリッジ】


出典:https://xn--rckyc9e.com
照射回数 レベル1:20万発

レベル10:42,857発

照射範囲 15mm×30mm=4.5cm2
使用用途 顔・全身のスキンケア
価格 単品で購入:6,800円(税込)

本体と同時購入:4,100円(税込)

美顔機能を使うための専用カートリッジです。使用頻度は週に1回で、顔だけでなく全身のケアにも使えます。こちらも、本体と同時購入するとお得です。

【ケノンのカートリッジ購入のポイント】
標準装備されているプレミアムカートリッジは全身に使えて寿命も長いので、ランプ切れしたときのための『予備カートリッジ』は、まず不要でしょう

ただし、家族とシェアして使う予定の方など、はじめからオプションのカートリッジが必要になることがわかっている場合は、本体と同時に購入したほうがかなりお得です!

【カートリッジの取り替え方法】
カートリッジの取り替え方法は、電源を切った状態でカートリッジを抜き新しいカートリッジを差し込むだけ。難しい作業は一切ありません。

また、掃除をするときもハンドピースから取り外した状態のほうが簡単です。無水エタノールを含ませたタオルや、アルコールタイプのウェットティッシュで拭けば簡単に汚れが取り除けます。

4.ケノンの使い方

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 家庭用脱毛器ケノン公式 スタッフ (@ke_non) on

効率よく脱毛をするためには、ケノンの正しい使用方法を知ることが必要不可欠です。
肌トラブルを避けるために、必ず使用方法や頻度を守って使いましょう。

【基本の使い方】
【1】ムダ毛を剃る
【2】電源コードを接続する
【3】脱毛用のカートリッジを取り付ける
【4】電源スイッチをON
【5】照射の出力レベルを選ぶ
【6】肌をよく冷やす
【7】照射口を肌にあてる
【8】照射後の肌を冷やす

【1】ムダ毛を剃る
照射をする部位のムダ毛は剃っておきましょう。これは、毛が長いまま照射をすると、毛穴から出ている毛にフラッシュが反応してしまい、毛穴にダメージを与えにくくなるからです。また、照射で熱くなった毛により、皮膚が火傷をする危険もあるので、深剃りにならない程度に短くするのがポイントです。

ただし、毛抜きで抜いてしまうと、フラッシュが反応しなくなってしまいます。できるだけ肌への負担が少ない電気シェーバーで、 前日までに処理しておくのが理想的です。

【2】電源コードを接続する
付属の電源コードを差し込むだけです。

【3】脱毛用のカートリッジを取り付ける
使用する脱毛用のカートリッジをハンドピースの先端に取り付けます。白いカートリッジは脱毛用、ピンクのカートリッジはスキンケア用なので、間違えないように注意しましょう。

【4】電源スイッチをON
ケノン本体の右端にあるスイッチボタンを指で触れると、電源が入ります。

【5】照射の出力レベルを選ぶ
ケノン本体のディスプレイ画面の左側にある▲▼ボタンで、出力レベルを10段階から選択します。VIOなどの毛が太い部位は他の部位と比べて痛みが強いので、低めのレベルから始めるといいでしょう。

【6】肌をよく冷やす
照射する部分の肌に保冷剤を10秒ほどあてて、よく冷やしましょう。しっかり冷やすことで、照射の痛みが和らぎます。

【7】照射口を肌にあてて、照射ボタンを押す
このときに、照射口が肌に水平にあたっていないと照射ができません。連射モードの場合は、選択した回数の連射が終わるまで照射ボタンを長押しします。

【8】照射後の肌を冷やす
照射後も保冷剤を10秒ほどあてて、しっかり肌を冷やしましょう。

※【6】〜【8】を、照射する部位をずらしながら繰り返します。

以上がケノンの基本的な使い方です。ほとんどの部位がこの使い方でOKですが、少しテクニックが必要な部位もあるので説明していきますね。

■使用方法【部位別】

【太もも・膝下】
● おすすめカートリッジ:プレミアム、エクストララージ
● 1回の照射数目安(プレミアム使用時):太もも(300発)、膝(10発)、膝下(200発)

足は比較的簡単に照射ができる部位ですが、範囲が広めなので時間がかかって疲れてきますよね。

そういうときには、ぜひオートモードを使ってみましょう。オートモードに設定しておけば、毎回照射ボタンを押さなくても自動的に照射をしてくれるのでハンドピースをずらしていくだけでOKです。テレビを見ながらでも、楽々できてしまいますよ。

【VIO脱毛】
● おすすめカートリッジ:プレミアム、ストロング
● 1回の照射数目安(プレミアム使用時):トライアングル上下(10発)、Vライン(10発)、Iライン(10発)、Oライン(6発)

ケノンでVIO脱毛をするときに、注意したいポイントが3つあります。

(1)デザインを決めてから照射すること
(2)粘膜部分・粘膜に近い部分に照射しないこと
(3)他の部分以上にしっかり肌を冷やすこと

(1)デザインを決めてから照射すること
下着からはみ出る部分だけなくしたい、キレイなトライアングルにしたい、全体的の毛量を減らしたい、ハイジニーナにしたい…VIO脱毛といっても、目的はいろいろです。

特にアンダーヘアをキレイなトライアングルにしたい場合は、きちんとデザインを決めて、毎回同じ部分を照射しないと仕上がりが微妙になってしまいます。全体的に毛量を減らしたい方は、最初の1〜2回は全体に照射するのがおすすめです。

(2)粘膜部分に照射しないこと
ケノンはvio脱毛も可能ですが粘膜部分への照射はNGです。IOラインを照射するときは、粘膜部分を下着やタオルなどで隠すなどの注意が必要です。

(3)ほかの部分以上にしっかり肌を冷やすこと
VIO脱毛は、ほかの部位より痛みを強く感じる方が多いようです。しっかり冷やしてから照射して、肌への刺激をやわらげましょう。

【髭・口の周り】

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 家庭用脱毛器ケノン公式 スタッフ (@ke_non) on

● おすすめカートリッジ:プレミアム、ストロング
● 1回の照射回数目安(プレミアム使用時):鼻下(5発)、顎下(5発)

ヒゲ脱毛にケノンを使う際の注意点は、次の4つです。

(1)肌をしっかり冷やすこと
(2)ニキビはマスキングで保護すること
(3)唇に照射しないこと
(4)2週間に1回のペースを守ること

(1)肌をしっかり冷やすこと
男性の髭も、VIOと同じく痛みを強く感じやすい部位です。照射前後は、面倒でもしっかり冷やすようにしましょう。

(2)ニキビはマスキングで保護すること
ニキビなどがある場合は、その付近にフラッシュが当たらないようにマスキングで保護しておきましょう。

(3)唇に照射しないこと
ケノンでの唇への照射はNGです。唇に照射口を当てないように注意しましょう。心配な場合は、マスキングをするというのも手です。

(4)2週間に1回のペースをまもること
ケノンが推奨している使用頻度は、他の部位と同様に2週間に1回です。髭の毛周期は比較的短いので1週間に1回という方もいますが、肌への負担になるので、やはり2週間おきがベストなペースでしょう。

口周りは凹凸があって、範囲も狭いのでなかなか照射しにくいですよね。鼻の下を照射するときは鼻の下を思いっきりのばす、口の横を照射するときは照射する方のほっぺたを空気でふくらませるのがコツです。ぜひ試してみてください!

■使用前に準備すること

ケノンの使用前に必ず準備しなければならないことは、

● 前日にムダ毛を剃っておく
● 保冷剤を準備しておく

ということくらいでしょう。専用のジェルなどを塗る必要もありません。充電式ではないので、前もって脱毛器を充電しておく手間もありません。

ムダ毛が長いままの状態では、フラッシュの効果が弱まるだけでなく皮膚を火傷する危険があることは、前に説明したとおりです。

また、焦げた毛が照射口やフィルターに付着して汚れの原因にもなるのでキレイにムダ毛を剃っておきましょう。肌に負担がかからないように、ケノン使用前日に毛の流れに沿って処理をすることをおすすめします。

■使用中の注意

ケノンの使用中は、次のことに注意しましょう。

【顔に使用するときは付属のゴーグルをかける】
ケノンを顔に使用するときは、必ず付属のゴーグルをかけて、目に直接フラッシュが入らないように気をつけましょう。

【照射口は肌にピッタリあてる】
照射口と肌に隙間があるとフラッシュが漏れて危険なため、照射ができないようになっています。照射口が肌に対して水平になるように、ピッタリあてながら照射していきましょう。

【同じ場所を何度も照射しない】
痛みを感じないからといって、同じ場所を何度も何度も照射するのは火傷の原因になるのでNGです。ワンショット、もしくは連射で一度照射をしたら照射口をずらしていきましょう。

【痛みが酷いときには照射をストップ】
フラッシュはメラニン色素に反応するため、VIOなどの皮膚の黒ずみがある部位は痛みを強く感じることがあります。特にIOゾーンは、自分で確認しづらい部位です。気づかないうちにホクロを照射して火傷してしまう可能性もあるので、強い痛みを感じたら照射を中断しましょう。

■使用後の肌のお手入れ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 家庭用脱毛器ケノン公式 スタッフ (@ke_non) on

照射後の肌は、刺激を受けて敏感になっています。すぐに保冷剤で冷却して、しっかり保湿をすることが大切です。

使用する保湿クリームは、できるだけ高保湿で低刺激なものを選びましょう。ケノン付属の保冷剤は小さめのサイズなので、ワキに挟んで使ったり狭い範囲の部位には使い勝手がいいです。ただ、太ももなどの広い範囲を一気にクールダウンさせるのには向いていないので、大きめで柔らかい保冷剤をひとつ持っていると便利ですよ。

【保冷剤 やわらかクールチャージ 400g】


出典:https://www.amazon.co.jp

【商品情報】
● 価格:727円(税込)
● サイズ:29cm x 21cm x 8 cm

created by Rinker
チュチュベビー
¥700 (2019/12/15 09:40:03時点 Amazon調べ-詳細)

赤ちゃん用の保冷枕ですが、冷凍しても固くならないので、広範囲のクールダウンにピッタリです!

■効果を高める方法

ケノンの効果を最大限に引き出すためには、タイミングと根気が重要です。何度も照射をすれば、早く脱毛が完了するというわけではありません。

毛周期を意識したペースでなければ、照射回数の無駄遣いになってしまいますし、肌にもよくありません。

2週間に1回のペースをキープしながら、コツコツとケアを続けていきましょう。また、必要に応じてオプションのカートリッジを使うことでも、より高い効果を引き出す方法もあります。特に男性の髭はかなり時間がかかる部位なので、ストロングカートリッジを使う方が多いようです。

■やってはいけない事

ケノンはほぼ全身に使える脱毛器ですが、照射不可な部位もいくつかあります。火傷などのトラブルを防ぐためにも、次のようなことは絶対にしないようにしましょう。

● 粘膜部分への照射
● 目に直接照射
● ホクロやあざへの照射
● ニキビなどの肌トラブル部分への照射
● 同じ場所へ何度も繰り返し照射
● 使用する間隔が短すぎる

誤ってホクロに高い出力レベルで照射をすると、かなりの痛みが走ります。

気になる方は、絆創膏やシールなどでマスキングをしておいたほうが安心です。ひとつだけポツッとできたニキビなどもマスキングをしてその部分を避けながら照射は可能ですが、いくつもできてしまったり、全体的に肌荒れを起こしている場合は使わないほうがいいでしょう。

5.一般的な脱毛サロンとの比較表

ケノンでのセルフ脱毛と脱毛サロン、結局どっちがいいの?と、悩んでいる方も多いでしょう。そこで、それぞれのメリットとデメリットを項目別で比較してみました。

比較ポイント ケノン 一般的な脱毛サロン
コスト ◎付属のカートリッジで、全身脱毛が10年以上も可能。 ▲全身脱毛コースは、4回の施術で10万円以上が一般的。
予約のとりやすさ ◎好きなときに可能。自宅でできるので、出かける必要もなし。 ▲取りにくい。3か月先の予約を取らなければならないこともある。
即効性 ▲何度か繰り返さないと、目に見えた効果は感じられない。脱毛完了後も定期的に使うことで、効果をキープしやすい。 ◎1回の施術で感じる効果は高め。ただし、コース終了後に毛が生えてくることも多い。
衛生面 ◎カートリッジが交換できるので衛生的。 ▲機械や器具を使いまわしているので、衛生面の管理はお店次第。
見えない部分の照射 ▲背中や腕の裏側など、見えない部分は照射がムラになりやすい。手伝ってくれる人がいれば◎ ◎自分では見えない部分も均等に照射してもらえる。
営業トーク ◎営業トークは一切なし! ▲高いコースや化粧品を必ず勧められる。
恥ずかしさ ◎恥ずかしさは一切なし! ▲VIO脱毛は特に恥ずかしい。

【コスト】
◎ケノン
全身脱毛を2週間に1回続けたとしても、10年以上は軽く使えるケノンが脱毛サロンより経済的なのは、一目瞭然ですよね。

【予約のとりやすさ】
◎ケノン
ケノンは、好きなときにできるので、予約の必要自体ありません。忙しくてサロンに通う時間がない方や、子育て中で外出が難しい方にも◎

脱毛サロンの予約がなかなか取れなくて、脱毛が終わらないままコースの期限が切れてしまうこともよくあります。また、次の予約までの間を1〜3か月以上空けなければならないサロンも多いので、ケノンの2週間に1回の頻度とくらべるとかなりペースがゆっくりです。

【即効性】
◎脱毛サロン
個人差があると思いますが、サロンの方が1回の施術での手応えが大きいように感じます。

ところが、脱毛サロンでよくあるのがコース終了後にまたムダ毛が生えてきてしまうパターンです。

フラッシュ脱毛は永久脱毛ではないので、当然起こり得ることですよね。即効性は脱毛サロン>ケノンですが、長い目でみると効果がキープできるのはケノン>脱毛サロンになりそうです。

【衛生面】
◎ケノン
脱毛サロンで使用する機械は使いまわしなので、あまり衛生的ではありません。施術前にシェービングをしてくれるサロンも多いですが、そのシェーバーも使いまわしです。衛生面を気にするなら、カートリッジが交換できるケノンの方が安心でしょう。

【見えない部分の照射】
◎脱毛サロン
脱毛サロンのメリットは、なんといっても自分では見えない部分や手が届かない部分でも照射ができることですよね。自分ひとりで全身に照射するのは、まず不可能です。

ただし、手伝ってくれる人がいれば、この悩みは解決できます。

【営業トーク】
安いワキ脱毛のコースを受けに行ったらいろいろなコースを勧められて結局、高額な契約にサインをしてしまったというのはよく聞く話です。そういった営業トークが苦手な方にも、セルフ脱毛は向いています。

【恥ずかしさ】
脱毛サロンのスタッフは、ほとんど女性です。それでもやっぱり、人に見られたくない部位の脱毛は抵抗がありますよね。恥ずかしくて脱毛サロンに通えない方にも、ぜひケノンをおすすめします!

背中などの手が届かない部位の照射ができないことがケノンのデメリットです。手伝ってもらえる人がいる場合は問題なしですが、いない場合は脱毛サロンに頼るしかないでしょう。この点を除けば、ケノンのほうが経済的にも精神的にも楽に脱毛ができておすすめです。

6.ケノンの購入方法

ケノンは、 ネット通販のみの取り扱いで店頭販売はしていません。Amazonや楽天にもケノンの正規取り扱い店がありますが中古の転売品も多く出回っているので、購入先をよく確認する必要があります。

転売品は故障などの際に、メーカーからの保証を受けることができません。ケノンの公式サイトなら信頼性バッチリ!ぜひチェックしてみてくださいね!

■注文方法

ケノンの公式サイトから、注文することができます。

ケノン

できるだけ早く商品を受け取りたい方は、平日の16時までに注文を済ませましょう。

■商品の内容

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 会員制コスメサロン セカンドコスメ (@secondcosme) on

● 価格:69,800円(税込)
● 本体:家庭用脱毛器ケノン、電源コード(プレミアムカートリッジ標準装備)
● カラー:シャイピンク、パールホワイト、シャンパンゴールド、ブラック

本体には1年間の保証、プレミアムカートリッジには2年間の保証がついてきます。

■商品の到着日

1日もはやくケノンで脱毛を始めたい方には嬉しい、スピード発送です!

平日の16時までに注文をすればなんと最短で即日発送、地域によっては翌日には商品が届きます。北海道、九州、沖縄は翌々日、それ以外は翌日以降で、配達日時の指定が可能です。ただし、銀行振込の場合は15時までに入金確認が完了しなければ即日発送はされません。

■支払い方法

豊富な支払い方法の中から、好きな方法が選べます。代金引換や対面決済が使えるのは安心ですね。

● 代金引換(商品受け取り時に現金一括)
● 対面決済(商品受け取り時にデビットカード/クレジットカード/現金)
● クレジットカード
● 銀行振込

クレジットカードを持っていない人向けの、ショッピングローンも用意されています。

7.まとめ


出典:https://pixabay.com

今回は、大人気の脱毛器ケノンについて詳しくお伝えしました。日本人の肌に配慮した機能や使い切れないほどの照射回数など、さすがダントツの売上No.1!という特徴がたくさんですよね。

使ってすぐに効果は現れませんが、毛周期を理解して2週間に1回の使用頻度で使い続けていくことが大切です。早く効果を出そうとして使用頻度を高めたり、同じ場所を何度も照射するのは絶対にやめましょう。また、購入の際は必ずケノン公式サイトを確認してくださいね!

ライター名:柴田

美顔器にも♡人気の家庭用脱毛器ケノンの効果、使用頻度、使い方は?
この記事を評価