アイブロウで印象が変わる!おすすめのアイブロウランキング紹介♪

 

この記事を読んでわかること
・アイブロウの種類
・アイブロウの使い方
・アイブロウのランキング

 

アイブロウの使い方、そして人気ランキングを一挙ご紹介します!

皆さんご存知ですか?眉の印象が人の印象を左右すると。太眉、下げ眉、薄い眉などなど、時代によって少しずつトレンドは変わってしまいますが、どんな眉毛でも欠かせないのが「アイブロウ」の存在です。リップやチークは変えることはあっても、眉毛はいつも同じって方、多いのではないでしょうか?アイブロウメイクを少し変えて、顔の印象をがらりと変えてみませんか?

ぜひ参考にして見てくださいね♪

.

 

 

1.アイブロウの種類


■アイブロウとは

アイブロウ:眉毛のメイク
アイライナー:瞼のメイク

アイブロウという道具は、眉毛のメイクアップ道具そして、そのメイクのこと!
毛抜きや電気シェーバーなどで眉毛を整えた後に、よりキレイな形に見せるために行う眉毛のメイクのことです。その時に使うのは、アイブロウペンシルやパウダーなど!

■アイブロウの種類

【アイブロウペンシル】
アイブロウペンシルには、エンピツのようになっているタイプや、カートリッジになっているタイプが存在します。

基本的には、茶色やこげ茶色がオススメなのです。黒ではなく茶色のほうが、ふんわりと自然でナチュラルな印象に仕上げることが可能になります♪自分の髪色と近い色を選ぶと自然になじんでグッド!アイブロウペンシルには、大抵スクリューブラシというブラシが、買ったらついてきてくれます。このブラシで眉頭から眉尻まで、眉毛の毛流れを整えるために使うとより効果的に使えますよ。

【アイブロウパウダー】
アイブロウパウダーというのは、アイシャドーのようにパレットに入っていて色が分かれている、眉毛専用のパウダーのことを言います。

様々な茶色が3種類くらい入っていることが多いです。色にグラデーションを作ることによって、眉毛をふんわりとボリュームアップして見せることができちゃいます。しかも、色味を調節するのに使いやすくて便利。ふんわりナチュラルな眉に仕上げたいときにおすすめのアイブロウです♪

【リキッド】
きりっとした印象の眉に仕上げたいときには、このタイプが断然おすすめ。筆ペンの形をしたリキッドタイプです。ポイント使いのメイクとして使用するには、眉毛が薄い場合や部分的に少ない場合には一本一本書き足すことで自然な仕上がりに。

【マスカラ】
髪色の関係で、地眉の色を変えたいときに使うのがマスカラタイプです。ブラシがコーム状になっているものは濃い眉メイクに使えます。

■眉メイクを助けるアイテム

【アイブロウブラシ】
眉を描いた後に、ぼかすという作業をするのがナチュラル自然になじませるポイント。そんなときにとっても役立つアイテムがこれ。

【アイブロウコート】
眉毛に艶やハリを出したいときや、滲みやすい方にお勧めのアイテム。自然な感じというより、やや人工的な眉に仕上がります。ネイルのトップコートと同じ役割を果たすアイテム。

【シェーバー】
電気シェーバーは肌に負担が少ないのでお勧めです。また、眉毛を剃るときは安全カミソリを使ってもOKですが、より肌に優しいシェーバーのほうがいいでしょう。どちらを選ぶ場合も、刃が長すぎなくて、かつ小回りの効きやすいものを選ぶと◎。

■アイブロウを選ぶ時のポイント

【落ちにくいものを】
朝しっかり眉毛を描いたはずなのに、夕方になって鏡を見たら眉毛がなくなっちゃった…。これは悲しいですよね。

特に夏場は暑くて皮脂や汗の量も増えてしまうので、化粧崩れがいつも以上に起こってしまっています。1日中きれいな眉毛をキープするためにも、落ちにくさをしっかりと確認しましょう。ウォータープルーフなら水にも強いので、ビーチやプールやジムに行くときにもオススメ♪。

【メイクオフしやすいものを】
落ちにくいアイブロウがどんどん増えてきていますが、そのぶん、しっかりオフしないと毛穴に汚れがたまり、眉毛ニキビなどの原因になったりしてしまいます。

また、無理に落とそうとゴシゴシと強くこすってしまうと、眉毛や肌のダメージにもつながるため繊細な注意をしてくださいね。クレンジングで簡単に落とせるタイプのアイブロウを選びましょう。

2.アイブロウのポイント

■まずは眉毛を整えよう

すっぴんで、眉毛を整えては切りすぎる恐れがあります。メイクをしてから、それに合わせて、眉カットをしていきましょう。

ナチュラル眉の手順
1、眉毛を描く
2、眉メイクからはみ出てしまった毛をハサミでカット
3、コームで眉毛をとかした後、長い毛をカット
4、メイクを落とし、周りの不要な毛を電気シェーバーで除去

■基本眉の作り方

最近注目されてきているのは、やや長めの、毛流れが見える眉メイクです。いくつかのアイテムを組み合わせて立体感を演出しちゃいましょう♪

毛流れがしっかりと見えるようにパウダーでさっと描いてから、スクリューブラシで眉毛の流れをしっかり整えます。目尻はペンシルで気持ち少し長めに描くのがポイントです。目じりをかくとき、アーチに角度はあまりつけないようにすることで、適度な抜け感のある、やわらかな雰囲気に仕上げることが可能になりますよ。

ペンシルは足りないところを補うイメージで使うと◎。


出典:https://hadalove.jp/

① 眉頭を作る
眉頭のスタートは、小鼻のキワから目頭の延長上になります。眉頭を作る時は、眉メイクを自然に仕上げるために重要なキーポイントになってきます。

② 眉尻を作る
眉尻は、眉毛のおしりの部分のことを指します。眉山よりも下になります。きれいに見えるピ音とは、小鼻のキワと目尻の延長線上。眉頭よりも眉尻の位置を下げないこと。

③ 眉山を作る
眉山は、眉のカーブのいちばん高い部分のことを指します。黒目が正面を向いているときに見える、黒目の外側から目尻の間に眉山を持ってきてあげてください。そうするとバランスが◎。眉を上に動かしたときに上がる部分を眉山と決めると、表情に合わせて眉も動くので自然な仕上がりになってくれますよ♪

3.アイブロウの種類別ランキング

■ペンシル

一位
【エクセル パウダー&ペンシル アイブロウ】

ペンシルとパウダーとブラシの一体型でとっても便利なアイテムです!ナチュラル志向派の人におすすめの一品。黒髪でも浮かない薄づきのしあがりに!

.

二位
【セザンヌ 超細芯アイブロウ】

安いのに細芯ということもあって、とっても描きやすいです。目じりなど細いポイントメイクに使うのが最適の商品です。

 

.

三位
【資生堂 眉墨鉛筆】

なかなか減らないので、長期で使うことができます。適度な硬さで描きやすい♪資生堂という安心感とコスパの良さに驚きますよ♪

■パウダー

一位
【ケイト デザイニングアイブロウ3D】


色の調節もしやすいし、ブラシも使いやすいと評判です。発色もよく、何年も愛用している方が多いです。グラデーションを作るのに最適なアイテムです。

.

二位
【セザンヌ ノーズ&アイブロウパウダー】


アイブロウだけでなく、ノーズシャドーにも使える優れもの。筆も程よい太さでパウダーをしっかりキャッチしてくれます。

.

三位
【イプサ アイブロウ クリエイティブパレット】


付ける量によってブラシで調節がしやすいアイテムです。
オレンジなんてどうやって使うのだろう。という方いらっしゃるかもしれませんが、
最後にオレンジをブラシで馴染ませると自然なブラウンに仕上がります。

 

■リキッド&マスカラ

一位

とっても落ちにくい!これなら、ジムに行っても、プールに行っても安心!お化粧直しがいらない優秀アイテムです♡スルスルと簡単に描ける書き心地も人気の理由。

.

二位
【キングダム リキッドアイブロウ】

きつくならない眉が簡単に描けて、しかも筆がやわらかいので、お肌に当たってもいたくありません。すっとかけてナチュラル眉を目指せます!

.

三位
【ヘビーローテーション ティントリキッドアイブロウ】

夜まで消えない、崩れ知らずのアイブロウ。重ね塗りで好みの薄さに調節できます。

4.まとめ

顔の印象を大きく変えてくれるポイント、アイブロウ。メイクをするときも、眉メイクは綺麗に描くのが難しいパーツの1つではないでしょうか。眉毛はどうしても形が整えにくかったり、失敗してしまったりしますよね。私はよく、一度百貨店の化粧品売り場に行ってメイクを教えてもらったりすることがあります。
自分のメイクに悩みがある方はとてもおすすめですよ。店員さんが丁寧にあなたに合ったメイクをきっと教えてくれます♡

アイブロウで印象が変わる!おすすめのアイブロウランキング紹介♪
この記事を評価