『もう迷わない!』自分にピッタリなファンデーションの色選び♡

この記事を読んでわかること
・自分の肌のカラー
・ファンデーションの色の選び方
・オススメのファンデーション

 

 

使っているファンデーションの色がなぜかしっくりこない…ちゃんと自分に合ったファンデーションを選べているのか?と疑問を持ったことはありませんか?ファンデーションには幅広い色のラインナップがあります。その中から自分に合ったファンデーションを選ぶことは少し難しいですよね…。

そこで今回はファンデーションの色を選ぶために自分の肌カラーチェックの方法、そしてファンデーションの選び方をご紹介します!季節によっても肌の色は変化してしまいます。自分の肌のカラーをチェックする方法が分かれば安心ですよね♪これでもう「ファンデーションの色合ってないよ」なんて言わせない!

1. ファンデーションの色が合っていないと?


お化粧の中でまず欠かせないものといえばベースメイク。その中でも特にファンデーションはメイクのスキルが一目でバレてしまうポイントでもあります。色白な方が肌の色をナチュラルにしたいと暗めのトーンのファンデーションを選ぶと顔色が悪く見えたり、逆に色黒な方が明るい肌に見せたいと明るめのものを使うと厚塗り感が出てしまいますよね・・・。

そもそも日本人は黄色人種だからみんな黄色い肌に合ったファンデーションでいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、残念ながら日本人みんな黄色味がかった肌をしているというわけではありません。自分に似合わない色を身につけると顔色がくすんでしまった!そういう経験はありませんか?ファンデーションも同じです。自分の肌の色がどういったタイプなのか知ることにより自分の顔に映えるメイクができます♡では、どのようなカラーの種類があるのか見ていきましょう!

2.ファンデーションの色を選ぶコツ♡

■イエローベース・ブルーベース


出典:https://www.biteki.com/

まず確認しておきたいのは自分の肌が何色ベースなのか。ファンデーションを選ぶ上で自分の肌色を知ることは重要なポイントとなります!基本的には2種類に分けられます。その2種類とは【イエローベース】と【ブルーベース】です。ではどのようにその色を判断することができるのでしょうか?まずは簡単に診断方法をご紹介します。

↓下記の質問で当てはまることが多い項目があなたのベース色です

❶瞳の色が茶色寄り → イエローベース
瞳の色が黒寄り→ ブルーベース

❷白目の色がアイボリーっぽい → イエローベース
白目の色が青っぽい →ブルーベース

❸腕の血管が緑っぽい → イエローベース
腕の血管が青っぽい → ブルーベース


出典:https://i-voce.jp/feed/7200/

❹日焼けするとすぐに吸収する →イエローベース
日焼けすると赤くなる → ブルーベース

❺アクセサリーはゴールド系が似合う → イエローベース
アクセサリーはシルバー系が似合う → ブルーベース

❻似合う洋服の色はブラウン系 → イエローベース
にある洋服はグレー系 → ブルーベース

▼診断をしてみたけどどっちのベース色かわからなかった・・・
とういう方はイエローベースとブルーベースの中間の【グリーンベース】かもしれません!肌は黄色っぽいが、白目は青っぽい・・・などイエローとブルーの両方の要素を持つグリーンベースのあなたは範囲が広がり、どちらの系統の色も似合っちゃう素敵なメリットがあります◎

 

■色の種類

では実際に自分のベース色が分かったところでファンデーションのカラーについて知っていきましょう!ファンデーションを選ぶときによく目にするのが【ベージュ】・【オークル】といった色ですよね?

※ピンクなどが入ると
ブルべ≫ピンク➝ピンクオークル➝オークル➝ベージュオークル➝ベージュ≪イエベ
という並び順になります。
ここで一般的な商品メーカーで多く使用されているベージュとオークルでご紹介します。


出典:http://riekoiwatate.hatenablog.com/

【ベージュ】:黄色が強く、赤みのある肌を抑えることが可能

【オークル】:ピンクとベージュの中間色。赤み、くすみやクマが気にならない方は オークルがオススメ

▼イエローベースの方は【ベージュ】をチョイス!
イエローベースの方は肌色が黄み強い特徴あります。ベージュは白浮きを防ぎやすく、引き締まった印象を演出することができます◎

▼ブルーベースの方は【オークル】をチョイス!
顔色を血色の良いナチュラルな肌色に見せることができる。オークルのファンデーションを使うことで華やかに見せることがポイントです♩

▼グリーンベースの方は・・・
グリーンベースの方はイエローとブルーどちらの要素ももつ為【似合うファンデーションのカラーが幅広い】のです!実際に化粧品カウンターの店員さんに相談しながら試すことが一番効果的かもしれません!

■色を試す場所
より自分に合ったファンデーションを見つける為には、試しにファンデーションを塗ってみることが重要!その確かめる場所とは【フェイスライン】です♡耳の下からアゴにかけてファンデーションを塗ってみましょう。フェイスラインに馴染む色は顔と首の境界線ができにくく、より自然な仕上がりになります。ファンデーションは顔なじみだけでなく首とのなじみを確認することも大事です!


出典:https://hadalove.jp/

あともう一点重要なのはカラーを見極めるにあたって光の色や角度が重要となります!ファンデーションの色を確認する時は【太陽光】のなるべく明るい場所に行きましょう!

 

3.肌の系統別おすすめファンデーション♡

■色白さん

色白の方は肌が白いのでそれに合わせて明るめのファンデーションを選ぶことが多いかもしれませんが、実は白浮きになりがちではありませんか?オススメのファンデーションのカラーは【明るいベージュ系】です。またファンデーションをする前にコントロールカラーの下地を使って調整することをおススメします◎透明感を出したいときは【紫】、くすみをカバーしたい時は【オレンジ】と使うと良いでしょう。テクスチャーのタイプも薄付きのものを選んでナチュラルな仕上がりを目指しましょう♩

■中間肌さん

中間色の方はイエロー・ブルーベースのどちらの要素を含むのでファンデーション選びも幅広くなりますね。各メーカーで中間色をたくさん出していますが色味がやはり多少異なります。ポイントは【中間色の前後もいっしょに試す】ことで、合ったカラーを見つけてからの購入をオススメします♡また見極めがどうしても難しい!とういう場合は化粧品カウンターのプロの方にご相談いただくと間違いないでしょう!

■色黒さん

色黒の肌の方は自然に馴染みやすい【ベージュオークル系】がオススメ!注意するべきポイントはオークル系の中でも色味か強いものだと、時間が経つとくすんだように見えて疲れた印象の肌になります。パールやラメ入りのものを選ぶと白浮きしてしまうことがあるので避けると良いでしょう。

▼それではここからはBe Cordeオススメのファンデーションをご紹介していきます♩

【RMK リクイドファンデーション】


カラーのバリエーションがベージュ系〜オークル系、明るい〜暗いまで様々なカラーバリエーションがあるため自分に合った色を見つけられます♡薄づきでもほどよいカバー力があり、ツヤがあり透明感あふれる自然な仕上がりになります。シルクエッセンスとシアバター配合の保湿力にも期待大◎


【ルナソル スキンモデリングウォータークリームファンデーション】


カラーの展開がオークル・イエローオークル系なのでブルーベースの方は肌に血色をもたらしナチュラルな肌色を演出してくれます。ウォーターキーピングミュラによりうるおいを長時間キープしてくれます♡色黒の方にもおススメです!


【MIMC ミネラルクリーミーファンデーション】

クリームタイプのファンデーションで美容成分とミネラル100%で保湿性が高く、敏感肌にも優しい♡ベージュ・ナチュラル色が多いため中間色の肌の方が選びやすいカラーバリエーションとなっております。

【エスティーローダー ダブルウェア ステイインプレイスメークアップ】

全色8種類と幅広いカラーバリエーションの中でも、クールバニラのこのカラーはブルーベースにオススメで赤みが強目で顔色をパッと華やかな印象に演出してくれます♡色むらの出にくいセミマットな仕上がりで長時間崩れにくいキープ力です!

【シュウウエムラ ザ・ライトバルブ UV コンパクト ファンデーション】


全11色とこちらも幅広いカラーのラインナップで自分にぴったりのカラーを見つけることができるのでは?パウダータイプのファンデーションですが自然なツヤと重ね塗りをしても粉っぽくならないところが人気の秘訣♡SPF30とPA+++で紫外線対策もバッチリ!

【カバーマーク ジャスミーカラー エッセンスファンデーション】


迷った時はこれ!イエローとブルーのベースごとにパッケージの色が分かれていて分りやすい!さらに各ベースには7色ずつ展開されているので自分にぴったりのカラーを見つけられそう◎ハーブウォーター配合で潤いを与えながら毛穴を引きしめてくれます!

4.まとめ

今回はお化粧の中でも特に大事なファンデーションの色の選び方についてご紹介しました!自分にぴったりなカラーを見つけることができたでしょうか?色白さん、色黒さん、または中間色さんも自分の肌の色を生かして楽しくお化粧ができるように自分に合ったファンデーションを探し出してくださいね♡

『もう迷わない!』自分にピッタリなファンデーションの色選び♡
この記事を評価