≪使わないと損って知ってた?≫驚くべきハイライトの小顔効果とは!

この記事を読んでわかること
・ハイライトを入れるとどうなる?
・ハイライトの使い方
・編集部おすすめのハイライト

メイクをするとき、ハイライトを使っていますか?「そんなに効果ないんじゃないの~?とお思いの方は大間違いです!入れるか入れないかで全然違います。ハイライトをメイクに取り入れるとお悩みも解決できるかも?!
そして、なりたいメイクによって入れ方が違うって知っていましたか?今回は基本的なハイライトの入れ方~今流行りのメイクに仕上がる入れ方のコツもご紹介します♡一度使い始めるとやめられないかもしれませんよ♪

 

1.知らないと損!ハイライトを入れると…?

ハイライトは、肌に乗せる明るい色のことで、顔の凹凸の“凸”の部分に乗せることによって顔を立体的に見せてくれる効果があります。反対に“凹”の部分に暗い色を乗せることをシェーディングといい、更に立体感を増してくれるアイテムもあります。
日本人特有ののっぺり顔がコンプレックス!という方は多いのではないでしょうか?私もその中の一人です。ハイライトは質感などにより、今流行りのツヤ感を演出することもできます。そしてカラーによっては肌のくすみを飛ばしてくれるなどのお悩み解決をしてくれる優れモノのなのです♡
「使った方がいいのはわかってるけど・・・・そんなに違うの?」と面倒くさがってしまうあなた。全然違うんですよ!

キュッと小顔になるんです♡あなどれません!この写真だともともと凹凸のある外国人女性ですが、ありとなしで比較すると外国人でものっぺりに見えてしまう気がします。日本人ならなおさらですよね。私も今までは時間があるときだけ入れていましたが、こんなに効果がはっきりしているなら忘れずちゃんと入れようと思いました!

2.【タイプ別】ハイライトの種類

■初心者におすすめパウダータイプ

パウダータイプは自然にふんわりと立体感を演出してくれるので初心者さんでも使いやすく、おでこや頬などの広範囲に使いやすいタイプです♡ブラシを使ってふわっと乗せていくと◎一気に付きすぎないので量の調節がしやすいですよ。

■今話題のツヤ肌に特化!クリームタイプ

流行のツヤ肌メイクをするのにぴったりのクリームタイプです!今人気のハイライトでもこのタイプが多いのではないでしょうか?“河北メイク”などに使用され話題になりました。肌に密着しやすいため落ちにくく、長時間のお出かけのときにもおすすめです。指でトントンと乗せてあげるのがおすすめです♡
スティック状になった商品も多数出ているので、持ち運びにも便利です!

■内側に仕込む♡リキッドタイプ

先ほど紹介したパウダー・クリームタイプは主にメイクの最後に重ねますが、リキッドタイプはベースメイクの下地として使用するのもおすすめです。いやらしくない、さりげない立体感を出してくれるのでナチュラルメイクの方にもおすすめですよ!その他リキッドファンデに混ぜて全体をツヤっと仕上げてくれるという使用方法もあります。

3.ハイライト選びのコツ♡

ハイライトはただ明るいだけではなく、それぞれ色味が違ったり、パール入りなど質感が違う場合もあります。あなたの肌の色や、お悩みに合わせて使用すると◎

・ホワイト
パウダータイプなどに多いカラーです。この中で一番明るいので、色白さんにはおすすめですが、色黒さんだとかなり白浮きしてしまう可能性も。

・ピンク系
ピンクのハイライトだと、ほどよく赤みをプラスしてくれるため血色がよくなります!こちらも色白さんにおすすめのカラーです♪

・ラベンダー(パープル)系
ラベンダーカラーは透明感を出してくれる効果があります♡イエローベースでくすみやすい方などにぴったりです♡こちらも色黒さんは特に乗せすぎ注意!ポイントは“ラベンダーを感じない程度にさりげなく仕込む”ことです!

・イエロー・ゴールド系
ピンクとは逆に、赤みが気になる方はイエロー系がおすすめです。イエローに似たゴールド系は色黒さんだと浮きにくく、使いやすいかと思います♪ゴールドもパールやラメと質感が複数ありますが、ラメを使用するとパーティ仕様になるので特別な日に使いたいですね♡

4.知らないと効果激減!上手な使い方

■基本のハイライトの入れ方


出典:http://beauty.keepthewish.net

こちらは基本の入れるポイントです!額・鼻筋・頬・顎という定番の凸ポイントですよね。初心者さんはまずはこの位置に乗せてみるといいみたいです♡鼻筋は細く入れてあげると◎

■今流行りのツヤ肌♡効果的なハイライト!


出典:https://www.biteki.com

今っぽいツヤ肌を作りたい方は、クリームタイプのパール入りを使用するのがいいみたいです!部分で乗せるので、お出かけ先でもササっと直せちゃう効果的な入れ方ですね♡
乗せた後は指先でトントンとなじませてあげるとさりげないハイライトになるようです♪
基本の入れ方が“色(明るさ)”で立体感を出すのだとしたら、こちらは“質感”で立体感を出すテクニックです♡

 

5.Becorde編集部おすすめハイライト

■パウダータイプ

【セザンヌ パールグロウハイライト】


くすみやクマを光で飛ばしてくれるプチプラ優秀アイテム♡濡れ感を演出してくれます!シャンパンベージュは肌なじみがいいので浮きにくくて◎

【NARS ハイライティングパウダー】


2018年夏、5色展開で登場!粒子が細かいことで有名なNARS。特有のマイクロパウダーにパールを配合してあるのでとっても自然に、かつ華やかに仕上がります♡超ツヤ肌というよりかは上品でシアーな発色。

■クリームタイプ

【RMKグロースティック】


スティックタイプなので持ち運びOK!ポイントで効果的にハイライトを入れるのがおすすめ♡ファンデーションの仕上げに使うとみずみずしいツヤ肌に!実は私も使用しているのですが、コスパ最強です!

【THREE シマリンググローデュオ】


指でのばすとパウダー状に変化!クリームタイプですがべたつかないので使いやすいです♡2色セットで、暗いほうの色はアイシャドウやシェーディングにも使えるマルチアイテム◎友達にプレゼントしたことがあるのですが、とても喜ばれました!

■リキッドタイプ

【メイクアップフォーエバー ウルトラHDソフトライト】


わざとらしくない艶の出せるリキッドタイプのハイライトです。パールが入っているので上品なツヤを出してくれます♡

6.まとめ

ハイライトの効果、恐るべしですね!恥ずかしながら私、ハイライトをさぼり気味でメイクをしていました…。今回この記事を書いて効果を痛感したので、明日よりちゃんとハイライトを入れようと思いました!笑
どのような効果でハイライトを入れるかによっても、効果的な入れ方やアイテムが変わってくるので参考にしてみてくださいね♡明日より立体感のある顔を手に入れちゃいましょう♪

≪使わないと損って知ってた?≫驚くべきハイライトの小顔効果とは!
この記事を評価