髪も日焼けする!?今からできる紫外線対策&ヘアケア

夏は海水浴にBBQ、音楽フェスなど、野外で楽しいイベントが目白押し!
そこで気になるのが強い日差しによる紫外線かと思います。
紫外線は肌だけでなく、髪にも大きなダメージを与えていることは、何と無く分かっている人も多いかと思いますが、髪にとってどんな悪いことが起きているのか知っている人は少ないと思います。
そこで、今回は紫外線が髪に与える影響と、日差しの中でも健康的な髪を維持する方法を紹介していきます。

目次

 

1.夏のヘアダメージの原因

紫外線の量が1年で最も多い夏は、肌だけでなく頭皮や髪にもダメージを受けやすい季節です。頭皮は髪で覆われているため日焼けに気づきにくいですが、紫外線から受けたダメージによって乾燥しやすくなったり、ハリが失われてしまったりして、髪が抜けやすくなることにもつながっていきます。
頭皮の乾燥はフケを増やす原因にもなります。
頭皮が弱ってしまうと顔のお肌を支えられず、フェイスラインのたるみを引き起こすなんてことも!
日焼け止めを塗れない部分だけに、今までノーガードだった人も多いのではないでしょうか。

また、紫外線を浴びた髪は表面のキューティクルがはがれやすくなり、はがれたところから髪の水分やタンパク質が流れ出してしまいます。
水分を失った髪は、ツヤがなくなる、パサつく、枝毛、切れ毛などを引き起こしてしまうのです。

夏は髪が赤茶色になってしまうことがありますが、これも強い紫外線によるものが原因。さらに、プールや海では水に塩素や塩分があるため、これらをきれいに洗い流さないことも髪の変色やパサつきにつながってしまうようです。

かといって冷房のききすぎた部屋にいることも、頭皮や髪を乾燥させるので良くないのだとか。夏にありがちな食欲不振や寝不足も、体だけではなく髪にとっても良くないようです。

これらのトラブルの怖いところは、すぐに表れるのではなく涼しくなってきた秋ごろに表面化するということ。
パサつきなどはすぐに感じられることがあるかもしれませんが、秋になるころに急に「抜け毛が増える」なんてこともあるようです。

2.紫外線には未然のケアが大事!

頭皮や髪は、体の中でも最も紫外線を受けやすい場所です。頭皮の受ける紫外線量は顔の2倍!とも言われているのです。
だからこそ、肌同様に日焼け対策をおこない、紫外線によるダメージをできるだけ抑える対策をしておくことが大切です。

  • 髪OKの日焼け止め、UV効果のあるトリートメントを使う

    最近では髪にも使えるUVスプレーや、トリートメントが多く出ています。
    これらを利用して、日ごろから髪を紫外線から守る習慣をつけたいですね。

▼定番!肌にも髪にも使える、ウォータープルーフ
【コーセーサンカット 日焼け止め透明スプレー 無香料】

【公式サイト】http://www.suncut-uv.com

▼子どもも使える無添加・低刺激タイプ
【リベルタ サンスクリーンスプレーRaioS(ライオス)】

【公式サイト】http://raios.jp/product.html

▼いい香りが好きな方に
【ミーファ フレグランスUVスプレー マグノリア】


出典:https://www.cosme.com

【公式サイト】https://www.napla.co.jp

▼カラーリングで傷んだ髪にも効果◎
【資生堂 ルミノジェニック プロテクター】

【公式サイト】https://www.pro.shiseido.co.jp

▼お風呂上がりのケアで翌日のUVケアができる!
【ミルボン ディーセス エルジューダサントリートメントエマルジョン】

【公式サイト】https://www.milbon.co.jp

▼有名スタイリストが開発、美容師の知識がつまったトリートメント
【SUNヘアプロテクトオイル】

【公式サイト】http://sun-hair.jp/

  •  髪はまとめる

    海の塩分やプールの塩素に髪をさらさないように、できるだけまとめるようにすると良いでしょう。また、髪をまとめることで、紫外線を髪全体で浴びることを防ぐこともできます。

出典:http://xn--xgst18m.xyz/archives/4561
  • 日傘や帽子で紫外線カット

    当たり前かもしれませんが、日傘をさす、帽子をかぶることで頭皮を紫外線から守ることができます。
    日傘や帽子はたくさんの種類がありますが、UVカット加工がされているものを選ぶことが大切です。UVカット加工されている商品の中でも、レースなどの薄手の生地のものはカット率が低くなるので、効果を高めたい人は厚手の生地のものを選ぶようにすると良いようです。

海に行くまでの間は日傘をさして、着いたら思い切り遊ぶ!でも紫外線対策としては効果があると言えます。前もって対策をすることで、夏の野外イベントも楽しみたいですね。

3.アフターケアも忘れずに

紫外線を浴びた後や、海・プール後は普段より髪をいたわったケアが必要。
特に夏の頭皮や髪は紫外線だけでなく、体調の変化などから弱りがちなので、刺激の少ないオーガニックシャンプーやノンシリコンシャンプーを、また頭皮や髪の乾燥を感じる場合は「しっとり」を意識したシャンプーを選ぶなどの工夫が大切になってくると言えます。

▼美容室でも使っている安心なオーガニックシャンプー
【ハホニコ ジュウロクユ(十六油)】

出典:https://www.cosme.com/products/detail.php?product_id=25617

【公式サイト】http://www.hahonico.com

▼コスパ良し、長く使い続けられるオーガニックシャンプー
【オーガニック ジューシーシャンプーPP(350mL) 】

出典:http://idea-in.com(ビオリスタ オーガニクス公式)

【公式サイト】http://idea-in.com

▼夏の乾燥したドライヘアにおすすめのノンシリコンシャンプー
【ローズ ド マラケシュ クレイシャンプー&コンディショナー[ノンシリコン】

出典:https://www.rose-de-marrakech.com(ローズ ド マラケシュ公式サイト)

【公式サイト】https://www.rose-de-marrakech.com

▼NY発、ノンシリコン&ノンケミカルシャンプー
【ジョンマスターオーガニック ラベンダーローズマリーシャンプー 236ml】

出典:http://www.johnmasters-select.jp(公式オンラインストア)

【公式サイト】http://www.johnmasters-select.jp

▼保湿とツヤを与える地肌に優しいシャンプー
【コーセー スティーブンノル シャインリペア シャンプー リッチモイスト】

出典:https://www.amazon.co.jp

【公式サイト】http://www.skny.jp

■美髪を作る成分をたっぷり配合、しっとりとふんわりを叶えるシャンプー
【モーガンズ アミノ酸シャンプー リッチ&フローラル】

出典:https://www.cosme.com/products/detail.php?product_id=52487

【公式サイト】https://mogans.jp

髪の状態に合ったシャンプーを見つけることは、使ってみないと分からないこともあり、難しいかもしれませんが、今使っているシャンプーであっても洗い方を工夫することで、髪や頭皮を健康に保つことができます。

  • しっかりと泡立てること
    シャンプーは原液のまま頭皮につけると、刺激が強く頭皮をかえって乾燥させてしまうこともあるようです。しっかり泡立てるということがポイントになります。
    方法としては、髪を洗う前にブラッシングをして絡みやホコリを取っておくことで、シャンプーの泡立ちが良くなります。また、洗顔ネットで泡立てるように、シャンプーを手で泡立ててから髪の根元につけることも効果的です。洗う順としては、髪の根元と頭皮をマッサージするように洗った後、髪の表面や全体といった流れにすると汚れをキレイに洗い流せるようです。
  • すすぎの温度は低めにすること
    洗い流す際の湯温は、熱すぎると頭皮の乾燥を引き起こしてしまいます。
    あまりにも低い温度だと汚れを落としづらくなってしまいますが、体温と同じくらい(36℃~38℃位)が頭皮に優しい温度と言えます。
  • トリートメントや美容液で頭皮と髪に栄養を
    シャンプー後のトリートメントは、塗布してから時間を置くようにしましょう。
    夏の髪は紫外線によってキューティクルがはがれてしまっている可能性が高いので、はがれたところに水分を戻していくイメージで、約3分ほどじっくり置いてから流すのが理想的と言えます。

女性にとって髪の毛はとても大切なもの。
髪にハリやツヤがあると、それだけで若々しく魅力的な印象になりますよね。
どんなに容姿がきれいでも、髪に潤いがなかったりパサついていたりすると、残念な印象を与えかねません。顔の印象の7割は髪が占めるとも言われており、それだけ髪は大切なものなのです。

また、はじめにもお伝えしましたが、夏の紫外線にさらされていた髪は、秋を迎えるころにトラブルが表面化します。「今パサついていないから大丈夫」ではなく、未然のケアで1年中きれいな髪で過ごしていきたいですね。

髪も日焼けする!?今からできる紫外線対策&ヘアケア
3 (60%) 1 vote