髪型を変えるだけで小顔にみえる!自分に合った髪型をみつけよう♪

 

髪型を変えるだけで骨格が小さく見える髪型があることはしっていますよね。同じく髪型次第では顔が大きく見えてしまうこともあります!自分の髪型のせいで顔を大きく見られてしまうと大変ですよね。どんな髪型にすることで、小顔に見せることができるのか。小顔に見える髪型にも沢山の髪型がありますよね。どの髪型が自分に似合うのか分からない。そんな方でも簡単に自分に似合う小顔に見える髪型がわかります。顔の骨格で悩んでいる方や、今の髪型に飽きている方は是非読んで下さいね。

 

この記事でわかること

・へアセットのコツ
・小顔に見える髪型
・すぐにできる小顔の見せ方

 

読むのに必要な時間は約 11 分です。

1. 小顔に見せるためにしておきたいことを紹介!

 

小顔に見られる、ふんわりとした髪型にしたいけど出来ない。ネットや動画で見ると簡単に感じるヘアセットも実際にやってみると、とても難しく感じたことはありませんか?小顔に見せる髪型を作る為にも、日頃からヘアセットをしやすい髪型にすることがとても大切ですよね。小顔に見られる髪型を作りやすくするためにも、まずは日頃気を付けて欲しいことを紹介していきますね。

 

■ヘアセットをしやすくする為に気をつけたいこと

 

小顔に見られる髪型を作りたいけど、なかなか上手くヘアセットが出来ない。せっかくヘアセットをしたのにすぐに崩れてしまう。小顔の髪型についての知識は沢山調べたけど、どうしても出来ない。そんな方も多いと思います。まずはヘアセットをしやすい髪型にする為にもどのようなことに気をつけるべきか紹介していきます。是非参考にして下さいね♪

 

・ブラッシングをしっかりする
・ヘアキープスプレーは内側からつける
・ノンシリコンシャンプーを使ってみる
・ドライヤーは内側を意識して乾かす
・タオルドライはしっかりとする
・トリートメントは毛先を中心にする
・洗い流さないトリートメントを使ってみる

 

こちらがヘアセットをしやすくする為、髪型が崩れないようにしてみて欲しいことになります。一つ一つどのような効果があるのか紹介していきますね♪

【ブラッシングはしっかりする】

普段何気なくやっているブラッシングはヘアセットをするときにはとても重要な役割です。髪の汚れをとることはもちろんですが、切れ毛や髪の毛同士の絡まりも改善してくれる効果があります。ツヤツヤでうるおいのある髪の毛はヘアセットも楽にできるようになるので、しっかりとする必要がありますね。

Tからは入れすぎず、最初は毛先のもつれをほぐし、最後にキューティクルに沿って毛先へ向かってブラッシングを通します。即効性がある訳ではないですが、継続すると必ずいい効果がでます。ヘアセットを楽にする為にも頑張って下さいね。

【ヘアキープスプレーは内側からつける】

せっかく頑張って小顔に見られる髪型を作ったのに時間が経つと潰れている。そんな方はヘアスプレーのやり方に問題があるかもしれません。ヘアスプレーは表面だけにかけてしまうと、スプレーの重さで髪の毛が潰れてしまう恐れがあります。ヘアスプレーをかけるときは、表面だけではなく、内側にもヘアスプレーをかけると、髪型がキープされます。是非試してみてくださいね。

【ノンシリコンシャンプーを使ってみる】

これだけを見るとシリコンシャンプーが駄目みたいな感じですが決してそういう訳ではありません。シリコンシャンプーにもいい効果は沢山ありますが、髪の毛にボリュームが欲しい方やよりサラサラな髪を目指している人にはノンシリコンシャンプーがオススメです。髪の毛がまとまらなくて困っている人はシリコンシャンプーを使ってみてくださいね

【ドライヤーは内側を意識して乾かす】

髪の毛を内側から乾かすと、外側から乾かしたときに比べ乾くスピードがはやいです。ドライヤーは長時間当てるとよくないので、ドライヤーをするときは、髪を内側から持ち上げながら乾かすことをオススメします。また内側から風を当てる事でボリュームも出てきます。ドヤイヤーが当て終わったら、最後に冷風を当てるとキューティクルに艶がでるのでオススメです。

【タオルドライはしっかりとする】

急いでいるときには、適当になりがちなタオルドライヤーですが、しっかりとやっておくと髪の毛がすぐにかわくようになります。髪の毛を乾かすときにドライヤーをメインに乾かしてしまうと、どうしても髪の毛にダメージがいってしまいます。90℃にお辞儀をする状態になり、シャンプーをするイメージで頭皮全体の水分をとるだけでも効果はあります。力を入れすぎず、優しくタオルで水分をとるようにして下さいね。

【トリートメントは毛先を中心にする】

トリートメントには、髪の毛の補修成分が含まれているので、しっかりと毛先まで浸透させる必要があります。トリートメントを使うときは、手の平だけではなく、指先までつけ細かなところまでトリートメントができるようにして下さいね♪

【洗い流さないトリートメントを使ってみる】

洗い流すトリートメントに比べると、髪の毛を内部修正する効果は劣りますが。保湿やダメージを守る効果は、洗い流さないトリートメントの方が、効果が期待できます。現在ではオイルやジェル以外にもミスト状のものを販売されているので、寝る前につけていてもベタつきが気にならない商品も販売されています。次の日の天気が雨の場合は、ヘアセットも難しくなるので、前日の夜から準備しておくことはとても大切ですよね。天気によってセットのできに偏りがある方にはオススメです。

 

こちらが日頃から気をつけて欲しいことになります。毎日のヘアセットを簡単にする為にも是非行うようにして下さいね♪

 

2.自分の顔の形に合った髪型にしよう

 

小顔に見える髪型にヘアセットしたのに、あまり小顔になったように見えない。そんな方はいませんか?髪型で小顔に見せるためには、自分の顔の形に合った髪型にする必要があります。まずは自分がどのような顔の形なのかを知る必要がありますね。自分がどのような顔の形なのか、その顔の形には、どのような髪型をすると小顔に見えるのか紹介していきますね。

 

■丸顔の人の特徴を紹介

自分が丸顔なのか分からない。そんな方もいると思うのでまずは、丸顔の方の特徴からみていきましょう。

 

【丸顔の特徴】

・輪郭が丸い
・頬がふっくらしている
・顔が太りやすい
・二重アゴが目立つ
・生え際が丸い
・幼く見られる
・ショートカットが似合う
・顔の横顔が広い

 

見た目の雰囲気は優しそうな感じや愛嬌がある感じに見えるのも丸顔の特徴です。男性からも人気な丸顔ですが、大人に見られたい方からするとコンプレックスに感じますよね。他にも丸くて太って見られることがあるなど、沢山の悩みをもっている方はいると思います。そんな方の為に丸顔の方に似合う小顔に見られる髪型を紹介していきますね♪こちらが丸顔の方の特徴です。

 

■丸顔を小顔に見せる方法?

 

【前髪は縦を意識する】

 

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/14496376/

 

パッツンや写真のようなワイドバンクは現在とても流行っていますよね。流行りの髪型にしたい気持ちも分かりますが、丸顔の方が写真のよう横に広がるような髪型にすると、さらに顔の広さが目立ってしまいます。

丸顔の方は、前髪を作るときは、分け目をつくったり、前髪を長くするなど縦の意識をもつことがとても大切です。前髪が重くボリュームが出しにくいという方は、前髪をかきあげたり、パーマをかけるだけでも効果があります。丸顔の方が前髪を作るときは縦の意識をもってつくるようにして下さいね。

 

【顔周りはサイドを緩やかに】

 

出典:https://allabout.co.jp/matome/cl000000018920/

 

丸顔の方が小顔にみせる為には、顔周りのスタイルがとても大切になります。前髪からサイドにいくにつれ、ラウンド状に繋げていくと小顔にみえるようになります。毛先を細くすると全体的にシャープに見せることができるのでオススメですよ。またカットするときは、頬骨にかかるような髪型にすることもとても大切です。前髪とサイドを綺麗に繋げるイメージでヘアセットしてみて下さいね。

 

出典:https://kireinosensei.com/1300078/

 

こちらが頬骨の位置になります。顔周りをセットするときは意識してみて下さいね。

 

【ボリュームはトップにふんわり】

 

出典:https://hair.cm/article-32537/

 

丸顔の方は横にボリュームを出してしまうと、顔がさらに広く見えてしまうのでオススメではありません。横にボリュームを出すのではなくトップにふんわりとボリュームを出すことで顔が小さく見えます。頬骨まではボリュームを出さずに、トップと頬骨よりも下の位置にボリュームを出すようにして下さいね。

 

丸顔の方はこちらの三つのことに気をつけてヘアセットをすると小顔に見える髪型を作ることができます。それではこの三つの要素を含んだ髪型はどのような髪型があるのか紹介していきますね。

 

■丸顔の方にオススメの髪型紹介

 

【前髪なしのセンターパート】

出典:https://hair.cm/snap-359141/

 

丸顔の方は骨格を卵のような形に見せると、キレイな骨格をしていると見られます。前髪を顎のラインの長さを整え、頬骨を隠してあげると、卵のような形の顔にみえます。丸顔の方は、卵のような顔の形に見られるように頑張ってくださいね。

 

【前髪をかきあげる】

出典:http://www.garden-hair.jp/ghc/style/3479

 

丸顔の方は顔が大きく見える以外にも、幼く見られるという悩みがありますよね。その二つの悩みを同時に解決してくれるのが、前髪をかきあげる方法です。丸顔の方の中にはおでこをみせるのが不安な方もいると思いますが、トップにボリュームのある髪型に仕上がるのでとてもオススメです。是非大人っぽい雰囲気のある髪型にも挑戦してみて下さいね。

 

【ショートバング】

 

出典:https://divtower.com/

 

可愛くおしゃれなヘアスタイルにしたい。そんな方にオススメなのがショートバングです。ショートバングにすると顔がスッキリするので、丸顔ではなく縦長にみせることができます。また丸顔の特徴である童顔で幼くみえるという特徴も活かせる髪型で。無邪気で可愛いく、守ってあげたくなるような雰囲気は男受け抜群ですね♪是非試してみて下さい。

 

こちらが丸顔に合うオススメの髪型です。他の髪型にも挑戦してみたいという方は、

・トップはふんわり
・サイドはボリュームを出さない
・前髪は縦を意識する

この三つを意識してヘアセットすると小顔にみえるので是非試してみて下さいね。

 

■面長顔の人の特徴を紹介

自分が面長顔なのか分からない。そんな方もいると思うのでまずは、面長顔の方の特徴からみていきましょう。

・縦幅が長い
・落ち着いたイメージ
・顔全体的に曲線がすくない
・目と目の間隔が狭い
・顔がシャープ
・大人っぽいイメージ
・頬に丸みがすくない

 

丸顔とは違い、大人っぽく知性的な雰囲気があるのが面長顔の特徴ですね。羨ましがられることの多い面長顔ですが、角度によっては老いて見えるのでいやですよね。縦に顔が大きく見られることがあるなど、沢山の悩みをもっている方がいると思います。そんな方の為に面長顔の方に似合う小顔に見られる髪型を紹介していきますね。こちらが面長顔の方の特徴です。

 

■面長顔を小顔に見せる方法は?

 

【前髪で額を隠そう】

 

出典:https://hair.cm/article-23296/

 

面長顔に見えない一番簡単な方法として挙げられるのが、見える額の範囲を狭くすることです。前髪をなくすことやセンターパートにすると縦のシルエットがより強調されるのでオススメではありません。前髪の重い方だけではなく、軽い方でも前髪を下ろし見てる額の範囲を狭くしてみましょう。

 

【顔周りはふんわりと強調】

出典:https://folk-media.com/403569

 

面長顔の方は、サイドにボリュームを出すと、面長顔に見えにくくなります。面長顔の方は横に広げる意識を持ち、顔周りをセットするようにしましょう。下に行くに広がっていくようなセットや毛先を外ハネにするだけでも効果があります。前髪を少し長めにラウンド状にサイド絵を広げると丸顔に見える効果もあるのでオススメです。是非試してみて下さい。

 

【まとめ髪は適度に緩く】

 

出典:https://www.atama-bijin.jp/haircare_trend/hair_recipe/19885/

 

面長顔の方は、髪をまとめるときにきっちりまとめすぎることはオススメではありません。トップだけではなく、顔周りにも髪を引き出してあげるとボリュームが出るのでオススメです。少しラフ感を出すようにしましょう。また後ろ毛をしっかりとくくる方法も効果的です。是非試してみて下さいね。

 

面長顔の方はこちらの三つのことに気をつけてヘアセットすると小顔に見える髪型を作ることができます。それではこの三つの要素を含んだ髪型はどのような髪型がるのか紹介していきますね。

 

■面長顔の方にオススメの髪型紹介

 

【ねじねじハーフアップ】

 

出典:https://ameblo.jp/mizunotoshirou/entry-12300802482.html

 

面長顔の方は横にボリュームを出すことがとても大切です。ねじねじハーフアップは、正面からみると、ねじねじした部分が程よくボリュームを出してくれます。ねじねじハーフアップは難しいイメージもありますが、5分もあれば簡単に可愛くつくることが出来ます。

 

分かりやすいねじねじくるりんぱの作り方の動画があったので貼っておきます。よかったら参考にして下さいね。

 


他にも沢山の動画がありますので、是非自分のやりやすい方法を探してくださいね。

 

【セミロング】

 

出典:https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L006678868

 

面長顔の方は、トップにボリュームを出してしまうと、さらに面長顔に見えてしまいます。セミロングにするときは、耳下辺りからふんわりさせてあげると、縦と横のバランスがとてもよくなります。また32mmのコテで毛先を内側にカールさせてあげると、とてもきれいに見えます。是非試してみて下さいね。

 

【大人ツインテール】

 

出典:https://4meee.com/articles/view/209323

 

幼くみられがちなツインテールですが、面長顔の方がやると、とても可愛く仕上がります。サイドに広がっているのも面長顔との相性がとてもいいですね。ツインテールには少し抵抗がある方も、後ろ毛を出すことや後ろ髪をねじねじすることで普通のツインテールとは違い大人可愛く仕上げることができます。是非試してみて下さいね。

 

こちらが面長顔に似合うオススメの髪型です。他の髪型にも挑戦してみたいという方は

・額は隠す
・サイドにボリュームを出す
・髪はまとめず緩く

この三つを意識してヘアセットすると小顔に見えるので是非試してみて下さいね。

 

■ベース顔の人の特徴を紹介

 

自分がベース顔なのか分からない。そんな方もいると思うのでまずは、ベース顔の方の特徴を見てみましょう。

 

【ベース顔の特徴】

・エラが張っている
・顔を大きく見られやすい
・額が広め
・アゴが小さめ
・平坦な顔に見られることがある
・男性いぇきなイメージを持たれる

 

こちらがベース顔の人の特徴です。

ベース顔の方は頼りがいのある感じに見えますが、エラや男性っぽく見られることも多くコンプレックスに感じている方がとても多い顔の形ですね。ですが小顔に見せられる髪型も豊富なので、自分の好みの髪型がみやすい顔の形でもあります。どのような

髪型があるのか紹介していきますね。

 

■ベース顔を小顔に見せる方法?

 

【前髪は流して輪郭をごまかそう】

 

出典:https://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_Hair_34824/

 

ベース型の顔は前髪がとても重要です。前髪を揃えるパッツンなどにしてしまうと、輪郭を強調してしまうので、前髪は流して輪郭をごまかすことをオススメします。またサイドバングにすることでエラを隠すというのも一つの方法です。ベース顔の人は前髪を流すことや薄くすることで縦の意識を強くするように心かけましょう。また前髪のポイントは、丸顔の方と似ているので、丸顔の方の前髪を調べるのもオススメです。

 

【トップにボリュームをつける】

 

 

出典:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000287016/style/L003806640.html?cstt=45

 

ベース顔の方にオススメなのは、トップを中心にボリュームを出す子です。トップにボリュームを出すと縦の意識だけではなく、見る人の目線が上に向けられる効果があります。ベース顔のコンプレックスでもある、顔の横幅に目線がいかないような髪型を作ることができます。パーマをかけて可愛いくボリュームを出すと、優しい女性の雰囲気が出るのでオススメです。普段ストレートの方も、ワックスやケープでトップを立たせてあげると見た目の印象が変わります。是非一度試してみて下さいね。

 

【ひし形のシルエットをイメージする】

 

出典:https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L002266500

 

ヘアセットをするときに大切なことは、顔全体のバランスですよね。ベース顔の方が髪型をセットするときは、ひし形のシルエットをイメージするとバランスのとれた顔にみえるようになります。ひし形のシルエットはフェイスラインを綺麗に見せてくれる効果があるので、顔の輪郭で悩んでいる方には是非ためして欲しい髪型です。

 

ベース顔の方はこちらの三つのことに気をつけてヘアセットをすると小顔に見える髪型を作ることができます。それではこの三つの要素を含んだ髪型はどのような髪型があるのか紹介していきますね。

 

■ベース顔の方にオススメの髪型紹介

 

【ベリーショート】

 

出典:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000223818/style/L001199032.html?cstt=13

 

ベース顔といえば長い髪の毛でフェイスラインを隠すイメージが強いと思いますが、ベリーショートは、とても小顔に見える効果のある髪型です。ベリーショートは正面から見たときの顔と髪の毛の比率を等しくすることを意識すればと小顔に見られるので、顔と髪の毛の比率を意識してセットしてみて下さいね。またトップに動きをつけることのできる髪型なので、是非動きを意識して目線を上げさせましょう。

 

【ショートボブ】

 

出典:https://www.beauty-box.jp/style/medium/zao058/

 

ベース顔の方が簡単に小顔に見せることができるのがショートボブです。ショートボブはトップにボリュームをつけることや、フェイスラインをカバーする為にふんわりとしたパーマをかけることができるのでオススメです。また同じショートボブでも、ボリュームをつけないペタッとしたショートボブは輪郭を強調するので、オススメではありません。

 

【ワンカールヘア】

 

出典:http://www.beautynewstokyo.jp/

 

ワンカールさせたシンプルな髪型は、綺麗なひし形を作れるのでオススメです。ワンカールさせるときは、内側にふんわりと巻くと綺麗なワンカールにしやがります。ストレートの髪型やセンターパートの髪型にもワンカールさせるだけで効果があります。時間も掛からないのでとてもオススメです。是非試してみて下さいね。

 

こちらがベース顔に合うオススメの髪型です。他の髪型にも挑戦してみたいという方は、

・前髪を流す
・トップにボリュームをつける
・ひし形のシルエットをイメージする

この三つを意識してヘアセットすると小顔に見えるので是非試してみて下さい。

 

2. すぐに小顔に見せるテクニック紹介

ここまで沢山の髪型を紹介しましたが毎日へアセットができるとは限らないですよね。寝坊しちゃった。急に外出の用事ができたなど、時間がないときもあると思います。そんなときでも使える一瞬でできる小顔に見せるテクニックを紹介していきます。

 

■トップを大胆に引き出したポニーテールを作ろう

 

 

 

出典:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000221684/style/L003552201.html?cstt=62

 

トップを大胆に作るポニーテールは、小顔に見せることができます。トップにボリュームをつけて縦の意識をつけたくないという方は、くるりんぱポニーテールやサイドポニーテールで横のボリュームをつけることもできます。時間がない方は、トップを大胆にとることを意識してポニーテールを作ってみて下さい。

 

■前髪を7:3にかきあげて縦の幅を強調しよう

 

 

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/13567134/

 

セットする時間がないときは前髪を7:3に分け鎖骨が見えるぐらいまで大胆にかきあげると大胆に見えるのでオススメです。縦の幅を強調したい方は是非試してみて下さいね。

 

■ヘアアクセで横の幅を錯覚させよう

 

出典:https://www.biteki.com/hair/hair-arrange/87264

 

ヘアアクセをつけることで簡単に横にボリュームを出すことができます。面長の方など横にボリュームが欲しい方は是非ヘアセットをサイドにつけてみて下さい。

 

こちらが簡単にできる小顔に見せるテクニックです。どれもとても簡単です。是非試してみて下さいね。

 

3. まとめ

 

小顔に見える髪型を作る為には、自分の顔の形をよく理解することが大切ですね。日頃の手入れの仕方次第で、ヘアセットした髪型がしっかりと長時間キープされるか決まってきます。毎日やるのは大変ですが是非頑張ってくださいね。また髪型をヘアセットするときのコテ選びですが、ロングヘアーの方は32mm、ショートミディアムヘアーの方は26mm、ベリーショートやショートヘアの方は19mmのコテを選ぶと、とてもヘアセットがやりやいので、コテ選びも自分の髪型に合わせて変更してみて下さいね♪

髪型を変えるだけで小顔にみえる!自分に合った髪型をみつけよう♪
この記事を評価