香水のつけ方で変わる!あなたも今日から『香り漂う素敵な女性』に♡

この記事でわかること
・香水の種類
・香水の正しいつけ方
・香水をつける時の注意とマナー

 

素敵な女性はすれ違った時に良い匂いがするイメージはありませんか?香水が「ふわっ♡」と香った時付けている自分でさえも気分が上がりますよね♡でも香水のつけ方はそれで合っているのでしょうか?香水のつけ方やつける時には、実はマナーがあるんですよ!すれ違った時にみんなが思わず振り返ってしまうようなつけ方をマスターして、今日からあなたも香水の香り漂う素敵な女性の仲間入りをしましょう。

1. 香水の種類

香水とひとまとめで言われることが多いですが、香水にも大きく分けると3つの種類があります。それぞれの特徴も確認しみましょう。

■オードトワレ

一番人気のタイプであるオードトワレは香りがとても柔らかいので、カジュアルな感じで付けることができ、オフィスで使用するのにもおすすめです。

・濃度:5~10%
・持続時間:3時間

【つけ方】
線を描くように。香水瓶なら1~2滴を細く伸ばすような感じでつける。ウエストから上の箇所につけるのがオススメ。

■オーデコロン

濃度も低く持続時間も一番短いオーデコロンは香りが薄いので、香水として使用するよりは、気分転換に変わりの香りを変えたいときにおすすめです。

・濃度:2~%
・持続時間:2時間

【つけ方】
ある程度まとまった範囲に面でつけるようにする。優しいライトな香りのオーデコロンは上半身でも特に上の方を意識してつける。香水初心者におすすめです。

■オーデパルファン

パルファンよりも少し濃度が落ちるので気軽につけることができる。価格も安く、量が多いのでとても人気がある香水です。

・濃度:7~15%
・持続時間:5時間

【つけ方】
円を描くように1~3滴ほどの量を細く延ばすような感じで付ける。体温の低い下半身につけるのがオススメです。

2. 香水をつける前に

香水本来の香りを楽しむために、香水をつける前にしておいた方がいいことをご紹介します。

■体を清潔にする

朝に香水をつけようと思っても、汗の香りがしてるとせっかくの香水の香りも汗の臭いと混じって不快な臭いに変わってしまいます。時間のある方は朝起きたらシャワーを浴びましょう。汗の臭いを抑えるためにデオドラント剤を使用するときは、無香料のものを使い香水とは違う汗の出やすいところにつけましょう。

■香水は待ち合わせの30分~1時間前に

香水はいろいろな香料が混ざって作られているため、時間とともに少しずつ香りが変化していきます。お持ちの香水がどの程度の香りが持続し、いつのタイミングが1番自分好みの香りになるかを香水の種類から調べておきましょう。ちなみに香水はつけた人によっても香りの違いがあります。これは体温や皮脂の分泌量によっても変わってきます。

■香水は肌につける

ついつい洋服につけてしまいがちの香水ですが、直接肌につけるようにしましょう。洋服につけると香水の成分でシミが出来てしむ場合があります。アウターなどは頻繁に洗うものではないので、違う香水をつける際に匂いが混じってしまいますし、体温を感じないので香水の香りの変化が楽しめないので直接肌につけて香りを楽しみましょう。

3.香りの3段階

香りの変化には3段階あるといわれています。

【トップノート】
つけた時にすぐ香るのをトップノートといい、はっきりとした香水の香りです。ただし、香水に含まれたアルコールが十分にとんでいないため、香水本来の香りとは違う場合があります。トップノート時の香りは10分程度続き、次の段階に進んでいきます。本来の香りではないためトップノートの時の重ね付けは控えましょう。

【ミドルノート】
香水をつけて30分~1時間ほどたったことがミドルノートといって、香水としてきれいな香りを漂わせる時間です。ミドルノートは3時間ほど続きます。

【ラストノート】
ラストノートは最後の時間帯に香る香りのことです。香りの種類によっても異なりますが、フローラル系の香りなどはトップノートからラストノードまで12時間ほどあり、ウッディ系の香りは24時間も香りが続くと言われています。

このように香水がちょうど良く香るのはつけてから30分経過したミドルノートのタイミングというのがわかります。なので「2」で説明した待ち合わせ時間に合わせて香水をつけることができます。

4.香水のつけ方

体につける場合のオススメ部位9か所を紹介しますが、香水は体温の高さによって香りの強さや弱さが変わります。体温が高く温かいところにつけると香水のアルコール分を発揮させることができるので、しっかりと香りを楽しみたいときは耳の後ろや手首の内側、うなじなどの体温高いところに。ふんわりと香りを楽しみたいときは、ひざの裏や足首などの体温が低い場所につけるといいでしょう。

■足首アキレス腱の内側
足首につけることで徐々に下から上に香りが上がってきます。鼻から一番遠い場所なので、強い香水にオススメです。歩くたびに香水の香りがほのかに漂って、素敵な女性アピールの秘訣に♡

■ひざの内側
ひざの内側は足首などよりも体温が低い場所なので、香りが下から上へとあがっていくのでほのかにお香ります。ただし、香水をつけたまま直射日光にあたると。色素沈着が起こりやすく。赤みやシミの原因になるので注意しましょう。

■ももの内側
ももは体温が高い場所なので、ももの内側につけると香りが緩和されます。

■ウエスト
ウエストにつけた後に洋服を着るので、ほのかな香りが洋服の隙間から立ち上がってきます。ウエストは夏の暑い日ではない限り、汗をかきにくい場所なのでおすすめな場所です。
スプレータイプのものなら服を着たままでもつけれますが、ウエストから30cmほど話して付けるようにしてください。

■ひじの内側
ひじの内側も、ほのかに香る場所なのでおすすめですが、夏場などは香りが広がりやすい場所でもあるのでつける量を気をつけましょう。

■うなじ
うなじは鼻から近い場所であるので、香りがきつく感じるかもしれませんがが、髪の長い女性はうなじが隠れているため、ほのかな香りに変化していきます。ショートカットなどで、うなじが出ている方はオードトワレなどの香りの弱いものをつけるといいでしょう。

■手首の内側
手首の内側は空気に触れやすく、香りも緩和されやすい場所です。香水をつけた直後は香りを強く感じるかもしれませんが。徐々に緩和されていきます。

■胸
胸や谷間につけるとすぐに香りが立ち上がっていくので、オーデコロンのような優しい香水にはオススメの場所ですが、夏などは汗をかいて温度が高くなる場所なのでつける時期は考えましょう。

■耳の後ろ
耳の後ろは体感が高い場所になるので香りがたちやすいです。パルファンはとても強くかおってしましますが、オーデコロンにはオススメの場所です。

【香水をつけたらNGな部位】

■脇
脇の臭いが気になるからといって香水を脇につけてごまかそうとすると、汗をかきやすい脇は汗の臭いと香水の匂いが混ざって、不快な香りに変化してします。また脇はデリケートな部位なので、香水でかぶれてしまうこともあるため、出来るだけ脇は避けましょう。

■足の裏
脇と同じように足の裏も汗をかきやすい場所ですし、靴を履くので不快な臭いが発生しやすい状態です。足元に香水をつけたし場合は足首につけるようにしましょう。

【香水をつけすぎた時】

香水を出しすぎてしまった時や、つけすぎてしまった時の対処法をご紹介します。

■水や石鹸で洗う
お風呂に入るのがベストですが、時間がない時などは水や石鹸を使って優しく洗い流しましょう。

■アルコールで拭き取る
アルコールや消毒エタノールをコットンになじませ、香水をつけた部位を軽く抑えるようにして拭き取りましょう。

■ウェットティッシュで拭き取る
応急処置としてはウェットティッシュで軽く押さえながら優しく拭き取りましょう。

5.知らなかった香水マナー

香水を控えていく場所など、つける時のマナーがあることを知っていましたか。ここでしっかり学んでいきましょう。

■結婚式
結婚式の華やかな場所はつけても大丈夫な気もしますが、多くの人が集まり密閉された空間な上、食事やお酒を楽しむ場所であるのでいろいろな香りが混ざり合うと不快な香りに包まれてしまうこともあります。もし香水をつけたい場合は、控えめなさわやかな香りを選びましょう。

■オフィス
パルファンなどの強い香りの香水は控えましょう。長時間同じ場所で真剣に仕事をされている方もいます。苦手な香りの空間に長時間いるのは不快に感じる方もいます。オードトワレやオーデコロンなどの優しい香りの香水をつけましょう。ただし、つけすぎには注意しましょう。

■レストラン
レストランは食事を楽しむ場所なので、きつい香水の香りは食事に匂いがうつってしまったり、食事の匂いを消してしまい味を楽しむことが出来なくなってしまいます。周りのお客様への配慮も考えていきましょう。

■病院のお見舞い
病室は密閉されて空間で病のある方は匂いにとても敏感になっています。お見舞いに行く予定の時は香水を控えるかごく少量に抑えていきましょう。

■お通夜、告別式
お通夜や告別式は華やかにしてくことを好まれません。病院と同様に控えるか、華やかな香りは避けましょう。

■ラッシュ時の電車
朝の通勤時間帯や帰宅時間の電車内は、多くの方が狭い空間にいます。色んな匂いが混ざり合ってしまうこともあるので、きつい香りは必ず避けましょう。

■キャンプなどのアウトドアで遊ぶ時
キャンプやハイキング、ピクニックなど、野外の自然の中で遊ぶ場合はとても危険です。香水の香りは、ハチなど危険な生きものを寄せ付けてしまう可能性があります。アウトドアの時は、香水を控えることをおすすめします。

6.まとめ

香水のつけ方、つけるタイミングなどお分かりいただけたでしょうか。香水の香りによってあなたの印象も変わってきます。せっかく香水をつけるなら、自分自身がリラックスしたり、良い気分になるだけではなく、周りの人にも素敵な香りを届けましょう。ご自身が使っている香水はどの種類なのか、どんな香りに変化していくかも知ると香水をつけるだけで楽しみも増えていきます。正しい香水のつけ方をマスターして、香りが漂う素敵な女性になりましょう。

香水のつけ方で変わる!あなたも今日から『香り漂う素敵な女性』に♡
この記事を評価