NO MORE 「カサカサ唇」!乾燥する前に予防せよ!NG習慣と対策法!

この記事でわかること
・乾燥の原因
・唇乾燥の予防法
・唇乾燥におすすめのアイテム

 

冬は乾燥。夏はクーラーなどの風。唇が乾燥しちゃう事がたくさんありますよね。リップクリームを頻繁に塗ったり、お風呂上りは保湿したり…と女の子はやることがたくさんあって大変!でも中々治らなかったり、カサカサの唇に戻ってしまったり。ガサガサ唇では女の子の魅力が半減してしまって台無しですよ!女子の唇を見て、「ガサガサが残念」と思っている男子はけっこう多いのです汗。

乾燥しないためにリップをこまめに塗りなおしているという方も多いのではないでしょうか?憧れのプルルン唇を手に入れるために、乾燥知らずの唇の正しいケア方法を紹介していきます。

1.唇が乾燥する原因とNG習慣

■どうして唇は乾燥しやすいの?

唇は、顔の中でもとってもデリケートな部分です。
唇は他の皮膚と比べても変わった形状をしています。実は唇は口の中の粘膜が外に出て変化したものです。ですから、唇には粘膜と似たような特徴があるのです。まず表皮がとても薄いのです。

肌よりも薄く、角質層がほとんどない唇は異物に弱くて荒れやすいということになってしまいます…。さらに乾燥する習慣などがあると余計に唇が荒れてしまう原因になっている場合もあります。

・皮脂腺が殆ど無く、皮脂もほぼ分泌されない
→水分が蒸発しやすくカサカサに。
・表皮が薄く、構成物質量も少ない
→バリア機能が低い。
・紫外線へのバリア機能である『メラニン』を作るメラノサイト細胞が存在しない
→紫外線防御が出来ない。


出典:http://www.tsubakihime.net/

しかし、唇がいつも乾燥しているという人は、なんらかの原因となることがあるかもしれません。唇は、角質層が薄くなっているという弱点もありますが、逆に「ターンオーバーが早い」という利点もあります。ですから、普通にお肌に比べても荒れたとしても、
皮膚の入れ替わりが早いので治りも早いです。一般的には1週間もたてば、普通に治ります。しかし、治ってもまたすぐに、荒れてしまって…ということにもなります泣
まずは、原因をチェックしていきましょう!

■乾燥のNG習慣

【乾いた風にあたる、空気の乾燥】
暑い夏よりも寒い冬の方が唇の乾燥が気になりますよね!唇は、もともと保水力が弱いので空気が乾燥すると、同時に唇自体も乾燥しやすくなります。

「対策法」
・加湿器
室内の湿度を高めることが大事!お家に加湿器がない場合は、洗濯物を室内に干すだけでも湿度を上げることができます。洗面器に張った湯を置いておくだけでも、少しの加湿にはなりますので、やってみてください!
・マスク
会社などでは、自分の都合で加湿器を使用できない方もいますよね!また外を歩いている時には、出来ません。その場合の対策として、オススメなのがマスク!マスクをすると鼻からの吐く息が、マスク内にこもります。その息の中には水分も含まれていますので、外部の空気よりは乾燥していません。しかし、マスクがこすれてお肌に刺激になる場合もあるので気を付けて使ってくださいね!

【唇をなめる、触りすぎる】
唇が乾燥していると、つい舐めてしまう場合もありますよね!その瞬間は一時的に潤った!ように感じますが…実は逆効果!表面の水分が渇く時に、唇の中の水分まで奪っちゃうのです。それにより更に、乾燥しちゃうのです。
”唇を舐める癖”がある方!
唇を舐める癖の原因としては何があるのでしょうか。緊張・ストレスから口の中が乾燥して乾き、潤いを保つために唇を舐めていることがあるそうです。唇を触るのは不安を感じると触りやすいといわれています。まずは日常にストレスがないか確認して溜め込まないようにしましょう。

【口呼吸】
気が付くと無意識的に、ぽかーんと口を開けちゃいているタイプの人は口呼吸のクセがついているかもしれません。口呼吸は虫歯や顔のたるみ、免疫力の低下や風邪をひきやすくなったりなど、悪影響がありますので気を付けましょう。後ほど予防法などもご紹介するのでぜひ最後まで読んでくださいね!

【胃腸の弱り】

リップクリームをいくら塗っても全く効果がない場合、乾燥の原因は
「胃腸が炎症を起こしていること」
が多いです。

胃腸になにかトラブルが起こると、口内炎や唇の乾燥など口に関するトラブルが起こることが多くなってきてしまいます。胃腸は唇、口などと繋がっていますから、胃腸のトラブルや疲れは口周りにも似たような症状ができやすくなってしまいます。
そして胃腸のトラブルは暴飲暴食やストレスから起こり、唇の乾燥、口内炎などの発症という形で出てきます。

私たちは食事をしてご飯を食べると、胃で消化し、栄養素に変えて吸収していきます。しかし、食べ物が常に胃腸に入っている状態になると
オーバーヒート状態になってしまいます。


胃腸に負担がかかる食べ物や飲み物は控えてみましょう。辛すぎる香辛料などもまた唇乾燥の原因となります。

【リップや口紅が合っていない】
これは意外と盲点なのですが、使っているリップと口紅が合っていない人がいらっしゃいます。私はリップを頻繁に塗っているから大丈夫!と思っているそこのあなた。リップクリームが体質に合っていないと、リップクリームの成分にアレルギーを起こしてしまったりします。リップクリームには、香料や色素などが添加されていたりすることも多いので、それらの成分が合わないといったことも考えられますね。
自分の肌と合わないものを使っていれば保湿をしているつもりが荒れてしまっていた!なんてことにならないようにしたいですね。

慢性的に唇が荒れている人は以下の病気が考えられます。
・アレルギー…アレルギーによって唇の腫れや乾燥が起こることがあります。
・ヘルペス…ヘルペスも初期は唇の荒れのように見えることがあります。
・口角炎…ストレスや食べすぎでもあらわれます。
・口唇がん…頻度は低いですが口唇にがんが発生する場合もあります。

2、乾燥の予防法

唇はとてもデリケートです。
乾燥から優しく守ってあげましょう。

【唇も優しく洗う】
洗顔やクレンジングの際に、自分の唇を意識出来ているでしょうか?唇に残った汚れやメイクをきっちりと落としておかないと、乾燥や荒れの原因となってしまいます。しかし、ゴシゴシと力を入れて洗うのはNG。肌と同じように泡洗顔が基本です、優しく洗ってあげてくださいね♡

【ビタミンBを取り入れよう】
健康な皮膚・粘膜の維持に必要なビタミンB2。不足すると唇が荒れちゃうことがあるため、意識的に摂取することが大切になってきます!ビタミンB2を多く含む食材は、ほうれん草・たまご・うなぎ・レバー・納豆・マグロなど。毎日のメニューに積極的に取り入れてみてくださいね♡


【歯を磨いた後は歯磨き粉が残らないように】
歯磨きをした後は、口の中だけではなく、口の周りにも注意を。唇に歯磨き粉がついたままだと、唇を乾燥させてしまう原因になります。歯磨き粉の中に含まれている合成洗剤は、なんと!皮膚を乾かしてしまう作用があるのです・・・。

【こまめに水分補給を】
冬は水分をとることを、ついつい忘れてしまいがちです。身体は急激に水分を摂ると、尿として体外に排出してしまいます。水分を摂る時はこまめに少しずつ摂りましょう。また夏はアイスや冷たいものがおいしいですが、出来れば暖かい飲み物を積極的に摂り、冷たい飲み物を摂りすぎない様に気を付けてくださいね♡

3.唇乾燥におすすめのアイテム

【はちみつパック】


出典:https://www.skincare-univ.com/

乾燥してしまった唇にパックする方法があります。その名も「はちみつパック」!
リップクリームを塗るだけでも効果はありますが、ダブルで使うと効果◎。
家にあるアイテムでできるので、誰でも簡単にできちゃう!就寝前などがおすすめですよ♡
<はちみつとワセリンのパックの手順>
1. はちみつとワセリンを1:1で混ぜておきます。
2. 蒸しタオルを唇に優しくあててゆっくり温めます。
3. 1を唇にたっぷりと塗り、ラップで唇を覆い、5~10分浸透させます。
4. ラップを外してふきとります。

【唇のケアにおすすめの化粧品】

「エテュセ リップエッセンスa  10g 」


ご紹介するのは、こちらのエテュセの「リップエッセンスa」です!乾燥だけでなく紫外線からも唇を守ってくれちゃう優秀コスメです♡エテュセさんの化粧品は肌に優しいので、敏感肌の人でも安心!

なんとこのリップには「ハイパーグロスオイル」が配合されており、塗った時の潤い間そして、ツヤ感を長い時間キープしてくれる効果があるのです!リップケアとしてはもちろん、グロスとして使うのもおすすめです♡お直しコスメとしてポーチに入れておくと便利かもしれませんね。

【口呼吸予防テープ】

「鼻呼吸ナイトミンテープ」


口呼吸は唇の乾燥には悪影響です。その口呼吸を防止する対策として、口テープというものがあります。口テープは日ごろ癖になってしまっている、口呼吸を鼻呼吸に切り替えるために使用されているものですが、睡眠にも良い効果をもたらしてくれるんです!


【Becorde おすすめリップ】

「シークレットリッププランバー「HIMITU」」


私たちがおすすめするのは、
シークレットリッププランバーさんの「HIMITU!」
ひとさしの、蜜リップ♡乾燥を防ぐだけでなく、ナチュラルな唇本来の艶めきと潤いをあたえてくれます。

4、まとめ

自分では気づかないところで、唇の乾燥はあなたの印象を大きく変えるものになってしまいます。カサカサの唇は日常の不調というまでもないような事かもしれません…。
しかし唇の乾燥は自分の健康を映しだしてくれる鏡だと思います。

唇の乾燥が強い人は一度自分の生活を振り返ってみてくださいね。
ただ、リップさえ塗っていればいいというのは、本当の改善にはなりません。
自分自身の暮らし方、食生活、体調などを見つめ直す良いきっかけとなればいいなあ!と思います♡

NO MORE 「カサカサ唇」!乾燥する前に予防せよ!NG習慣と対策法!
この記事を評価