≪マツエクを付けているときのアイライン≫選び方と効果的な引き方♡

この記事を読んでわかること
・アイライナーの選び方
・アイラインの引き方
・Becordeおすすめアイライナー

 

マツエクはしているけど、それでもアイラインを引きたい!そもそもマツエクをしているときにアイラインって引いていいの?うまく引けない…というそこのあなた。マツエクをしていてもアイラインは引いてOKなんです♡アイラインも、引き方のコツをつかめば実は簡単!最低限必要な部分だけ、引けばいいんです。

今回はマツエクしているときのアイライナーの選び方と、おすすめの引き方をご紹介します!そのほかアイラインについての疑問を元アイリストの室がご紹介します!

1.マツエクだけでもアイライン効果♡

 

View this post on Instagram

 

ピュアリスさん(@pualice.0413)がシェアした投稿

マツエクには“アイライン効果”があるのをご存知ですか?マツエクは自まつげと違い、1本1本が最低でも0.1mm太くて0.2mmくらいの太さがあります。それが100本以上集結すると、まるでアイラインを引いているかのように目元にボリュームをプラスしてくれます♡

80本くらいでもボリュームは出せますが、かなりナチュラルなので普段からアイラインを引いたメイクを好まれる方は最低でも100本以上はつけないとアイライン効果を感じられないので気を付けましょう。

2.アイラインの引き方

しかし、マツエクの“アイライン効果”だけじゃ物足りない!やっぱりメイクでアイラインを足したい!と思いますよね?それでは、アイラインの引き方についてもご紹介していきます!

■アイライナーの選び方

マツエクをしている時のアイライナーは、ペンシルタイプ・ジェルタイプは不向きです!

なぜ不向きかというと、ペンシルタイプは油分を含んでいます。マツエクつけるときに使用するグルー(接着剤)は油分に弱い性質を持っています。「オイルクレンジングが使えない」ということと同じですね。ジェルタイプも同様油分を含んでいる製品もあるということと、取れにくいため、クレンジングをしてもまつげの間に残留してしまいやすいのです。残留してしまうと雑菌がわきやすく、トラブルの元となりますので注意が必要です!

おすすめはオイルフリーの“リキッドタイプ”のアイライナーです!
リキッドタイプの中でも、お湯で落ちるタイプだとクレンジングのときにもするすると落とすことができるので、マツエクユーザーとしてはかなりのメリットだとおもいます♡

■基本のアイラインの引き方

アイラインを引く時、無理にアイラインを引いてしまうとマツエクに引っ掛かり、取れやすくしてしまいます。マツエクをしている人はみんなマツエクを長持ちさせたいと思っていますよね!

あまり衝撃を与えずにアイラインを引くコツは、まつげの隙間を埋めるように引くということです♡リキッドアイライナーの先でちょんちょんとまつげの隙間を埋め、そのあとに不自然にならないように微調整するとマツエクに負担なくアイラインが引けますよ♪

■ナチュラルなアイラインの引き方

 

View this post on Instagram

 

kawaii pageさん(@kawaii.atume)がシェアした投稿

「マツエクのアイライン効果でも十分だけど、目の横幅をもう少し出したい」という人におすすめの引き方です!特に切れ長目にしたい方におすすめです♡

私もやっているテクニックなのですが、目じりのみ延長させるようにアイラインを引きます。ナチュラルですが、引くか引かないかで目の印象が変わってくるテクニックです♪

3.アイラインを落とす時の注意点

■アイメイクの落とし方

出典:https://ryo-kun.net/

・優しく・擦らずなでる
マツエクの上からアイメイクをした時、クレンジングの方法を注意しましょう!
マツエク繊細なので衝撃を与えてしまうと取れやすくなってしまいます。ポイントは“優しく”クレンジングするという事です!

クレンジングを手に取り、目元を擦らずなでるようにメイクを浮かしましょう!

・水クレンジングの場合
水クレンジングを使用する場合は、基本的にはコットンを使用すると思います。このとき必ず気を付けるポイントは、マツエクの根元にコットンの線維が絡まないように落とすということです。根本あたりで左右に往復させて落としてしまうと、繊維が絡まってマツエクが取れてしまうリスクを高めます。コツは押さえてじんわりとメイクを浮かしてオフすることです!

■マツエクOKのクレンジング

マツエクは油分と相性が悪く、取れやすくしてしまいます。なのでマツエクをしているときに使用するクレンジングは、“オイルフリー”のものを使用するのがベターなようです!

オイルクレンジング・クリームクレンジング・ミルククレンジングは油分が入っている可能性が高いので使用しないほうが安心です。おすすめはリキッドクレンジング・水性ジェルクレンジング・水クレンジングです♡

マツエクをしているときにおすすめのクレンジングについてはこちらの記事も参考にしてみてください♪

マツエクを一日でも長持ちさせたい!オススメクレンジングをご紹介♡

■あるといいアイテム♡

ここまでご紹介した内容は他のサイトでもよく書いてありますよね。基本的には“優しく”や“擦らず”ということをお伝えしましたが、「それだとアイラインがしっかり落とせない!」という方、元アイリストの室から朗報です♡

【マイクロファイバーブラシ】

マイクロファイバーブラシは、綿棒とは違い線維が絡まないんです!しかも綿棒より良く汚れがとれる♡下まぶたのキワのメイクを落とすのにも重宝します。

私が働いていたお店でもよく取れるとお客様から人気でした♪汚れが溜まると、色素沈着の原因になったり、眼病、そしてまつげに繁殖するダニの温床となってしまいます!まつげにダニが発生すると施術が不可になるのでマツエクを休まないといけません。そうならないためにもメイクは毎日きちんと落としたいですね♡

4.マツエクしている時に◎アイライナー

■お湯落ちアイライナー

お湯落ちタイプはマツエクをしているときにも簡単に落とせちゃうので楽ちんです♡

【ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー】

極細の筆タイプです。そしてリキッドタイプというまさにマツエクにおすすめ!のアイライナーですね♡お湯で落ちるのにウォータープルーフという、いいとこどりアイテムです。サッと書いても発色がいいのでメイクがスピーディです。逆に言うと初心者さんにはごまかしがききにくいかも?メイク慣れしている方におすすめのようです♪

【フローフシ モテライナー】

数々の雑誌などでベストコスメに選ばれているアイライナー!コシのある「大和匠筆」を採用しているので、初心者さんはヒロインメイクよりこちらのほうが使いやすいかもしれません♡さらに初心者さんでも使いやすい理由は、八角形の筆の形が鉛筆のようで持ちやすい! ぶれずに描きやすいと人気です◎

■リキッドアイライナー

【ヒロインメイク インパクトリキッドアイライナー】

先ほどご紹介したヒロインメイクのスーパーウォータープルーフバージョン!普段からメイクが落ちやすいタイプの人ははお湯落ちよりこちらの方がいいかもしれません。汗をかくシーン・海など水辺のシーンで大活躍です♡

【EYEMANIA ミネラルリキッドアイライナー】

オイルフリーのリキッドアイライナーです!オイルフリーというところがマツエクにぴったりですね。名前の通り、ミネラル成分を配合しているので目元のケアも同時に行ってくれます。メイクしながらケアなんて、最高ですよね♡

5.まとめ

 

View this post on Instagram

 

Wakasugi Shihoさん(@waka_parkbytokyo)がシェアした投稿


マツエクしていてもアイラインを引きたい!という女子たちにはたくさんいるはず!私もその中の一人でした。マツエクは時短にもなりますし、目元も華やかになります。忙しい女子には大人気ですよね♡

うまく活用するためにも注意点やコツを覚えて楽しみたいものです♪この記事を読んで疑問が解決した方が一人でも増えれば嬉しいです!

ライター:室

≪マツエクを付けているときのアイライン≫選び方と効果的な引き方♡
この記事を評価