目のクマができる原因ってこんなにあるの?目のクマのケア予防方法紹介

「最近、目の下のクマが気になって仕方がない」「目の下のクマのケアをしたいけど方法がイマイチ分からない」など、目の下にできたクマの原因や方法が気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに目の下に目立つクマがあると、一気に老け顔・疲れ顔になってしまうため、健康的な顔とは程遠いものとなってしまいますよね…。実はそんな目の下のクマ、いくつかの種類があり、それぞれに解消方法があるということをご存知だったでしょうか。

そこで今回の記事では、クマができる原因をそれぞれの種類に分けて見ていくとともに、クマの種類に合わせたケア方法、目の下のクマをケアできるBecordeおすすめスキンケアアイテムなどについてご紹介をしていきます。また他にも「スプーンを使って速攻で目の下のクマを取る方法」なども伝授しましょう。

今回の記事を読んでいただければ、疲れ顔・老け顔の原因である「目の下のクマ」を効果的かつ短期的に解決することができるようになります!

この記事でわかること
1.クマの予防方法
2.クマの予防におすすめのアイテム
3.クマを隠す方法

読むのに必要な時間は約 22 分です。

 

1.クマができる原因は?

 

出典:http://gahag.net/

先ほども述べたとおり、クマには以下の3種類があります。

1. 黒クマ
2. 茶クマ
3. 青クマ

それぞれ目の下にクマが発生する原因や特徴が異なります。こちらでは発生原因やそれぞれのクマの特徴を解説していきますので、自分のクマが「黒クマ」「茶クマ」「青クマ」のどれに当たるのかを判別していきましょう。

■黒クマ

 

出典:https://www.biteki.com/

黒クマとは、目の下に影ができることによって黒く見えてしまうクマのことです。つまり目の下の黒いクマの正体は影だったのですね。別名「影クマ」とも呼ばれています。

この黒クマは他の茶クマ・青クマのような色素沈着や血行不良などとは原因が異なり、20~30代にかけて発生し始める加齢による目の下の 皮膚のたるみが原因です。また他にも顔が むくみなども黒クマの原因と言われています。

目の下の皮膚を触ってみたときに黒部分が薄くなった場合は、黒クマである可能性が非常に高いです。

もう少し黒クマの原因について詳しく見ていきましょう。

【目の下のくぼみ】
目の下のハリツヤは水分量と脂肪の量によって決まりますが、もともと目の下に脂肪が少ない人はくぼみができやすいと言われています。

また痩せすぎている人、加齢によって脂肪が落ちてしまった人、頬骨と目の下の高さの差が大きい人などは目の下にくぼみが生まれやすく、クマができやすいです。

【涙袋の影】
目の下のくぼみとは逆に目の下の脂肪が多く涙袋が大きい人も、その涙袋が影となって黒クマになることがあります。

【目の下の筋肉の衰え】
目の下の 筋肉が衰えることによって、目の下の皮膚を支えきれなくなり落ちくぼんでしまうことがあります。目の下の皮膚がくぼむとそこに影が生まれ、黒クマの発生へとつながります。

実は若い人にも近年、黒クマが多いと言われています。その理由としてはパソコンやスマートフォンの使用のやり過ぎが挙げられます。パソコンやスマートフォンを長時間見続けていると、 まばたきの回数が減り、結果的に目の下の筋肉が衰えてしまうこととなります。

【コラーゲンなどの不足】
加齢によって肌のコラーゲンやヒアルロン酸などのうるおい成分が減少し、皮膚のハリがなくなってしまうことで黒クマが発生するということもあります。

特に目の下は顔の中でも 乾燥しやすい部位にあたり、コラーゲンやヒアルロン酸が不足しがちです。これによって目の下に黒クマが発生することとなります。

■茶クマ

 

出典:https://www.ukceed.org/

茶クマの原因はメラニン色素などの色素沈着や皮膚への過度な 摩擦によるものが多いですね。

先ほど解説した黒クマの正体は影だったため、目の下の皮膚を動かすと消えました。一方で茶クマは色素沈着、または摩擦によって茶色くなった目の下の部分を動かすと一緒に動きます。自分のクマが茶色っぽく、目の下の皮膚を動かした際に一緒に動くとそれは茶クマです。

また茶クマにはさらに、以下の2種類のものがあるということはご存知だったでしょうか。
【1】慢性色素沈着
【2】一時性色素沈着

慢性色素沈着の原因と特徴】
「慢性色素沈着」は長期に渡る 皮膚荒れや 摩擦などが原因で、皮膚自体が茶色くなってしまうことを言います。

そもそも皮膚は肌荒れや摩擦によって茶色くなる性質を持っているのですが、継続して皮膚に 刺激を与え続けてしまうことで、ターンオーバーが間に合わず、すぐに茶色くなってしまいます。

そうなると肌の深層部まで茶色い色素が沈着してしまうため、スキンケア無くしては解決することができない慢性的な茶クマになってしまいます。

【一時性色素沈着の原因と特徴】
「一次性色素沈着」は、 皮膚荒れ摩擦などが原因で一時的に皮膚が茶色くなってしまうことを言います。

この一次性色素沈着の場合は、肌のターンオーバーを待つことによって、いずれ解消されていきます。ただしスキンケアをすることに越したことはありませんし、一時性色素沈着の積み重ねで治りづらい「慢性色素沈着」になるため注意が必要です。

さらに詳しく茶クマの原因について見ていきましょう。

【目の下の皮膚の摩擦】
目の下の皮膚は非常に薄くなっているため、少しの摩擦でも茶クマに繋がる可能性があります。例えば寝起きや涙を流したときに目元を 強く擦ったり、メイクの際に強くアイシャドウなどを塗ることによって目の下の皮膚を摩擦しています。

継続的に強く、一定の摩擦を与えてしまうことで、目の下の皮膚からメラニン色素が発生します。そのメラニン色素が茶クマの原因となってしまうのです。

【ニキビ】
ニキビ肌と茶クマの関係性は深いです。ニキビ肌の場合、肌のターンオーバーが正常ではなく乱れていることが多いです。そうなると外部からの刺激を受けた肌もうまく修復されずにそのままとなってしまいます。

肌が生まれ変わらなければ、メラニン色素の沈着した肌が少しずつ蓄積していってしまうため、茶クマの発生がしやすくなります。

【肌荒れ】
先ほどのニキビ肌と同様に肌が荒れている場合にはターンオーバーが正常に行われずにメラニン色素が積み重なっていきます。

またそれだけではなく、痒みを伴う肌荒れの場合には無意識の間にも目元を 触ったり掻いたりしてしまうことが多いです。触ることによって生まれる摩擦が、茶クマに繋がるという可能性が高いです。

【紫外線】
実は茶クマの原因の多くは「ソバカス」や「しみ」によるもの。そして「ソバカス」や「しみ」は、紫外線が原因となって発生することが多いのです。

肌は 紫外線を受けると、メラニン色素を生成します。このメラニン色素の生成は紫外線を受けるたびに起こりますので、少しずつメラニン色素が沈着していきます。

このように紫外線を浴びれば浴びるほど、濃い茶クマになりやすく、一時性色素沈着の茶クマが慢性色素沈着となってしまいます。

■青クマ

青クマの原因は、 目の下の 行不良です。血の巡りが悪くなると血色が悪くなるため、青く見えてしまうのが青クマの正体です。また目の下の皮膚はそもそも薄くできており、血行によって色の影響が大きく現れやすい部分となります。

さらに詳しく青クマの原因について見ていきましょう。

【寝不足】
「寝不足によってクマができる」ということはかなり有名なことですし、1度ならず何度も経験したことがある方もいらっしゃるのでは。しかし意外にも寝不足によってクマができる理由についてはあまり知られていません。

人の血管は睡眠中に拡大する性質を持っています。これは疲労を取るための体の働きです。しかし睡眠時間が不足すると、血管が広がらずに、収縮したままの状態が長く続くこととなります。そうなると血行不良へと繋がってしまいます。

また睡眠自体の質とクマにも大きな関わりがあります。睡眠が浅ければ成長ホルモンが分泌されなくなり、血液中に不必要な脂肪などが流れていってしまいます。そうなると血液の流れが悪くなり、慢性的に血行不良となってしまうのです。

このように 睡眠時間の不足睡眠の質の低下により、青クマが発生することとなります。

【冷え性】
冷え性も青クマの原因である、血行不良に繋がる可能性が大きい症状です。そもそも体の隅々まで血流が行き届かないことによって起こるのが冷え性。顔や目の下などにも血が行き届かないということになってしまいます。そうなってしまうと青クマに繋がる場合があります。

【ストレス】
ストレスと血行不良にも大きな関わりがあります。正常な血行を司るのは「自律神経」と呼ばれる機能ですが、過度なストレスを感じると自律神経が乱れてしまうこととなります。それによって血行不良に繋がります。

さらに人間はストレスを感じることによって、血液中に「ストレスホルモン」と呼ばれる血管を収縮する作用のあるホルモンを分泌します。血管が収縮することによって血液の流れが一気に悪くなり、青クマにも繋がってしまうのです。

【眼精疲労】
パソコンやスマートフォン、本などの見過ぎによって眼精疲労が起こることは有名ですね。目を酷使し続けると眼輪筋などを含む目の筋肉に疲労が溜まり、凝り固まってしまいます。そうなると目の周囲の血流が悪くなってしまうため青クマに繋がります。

2.各種類の予防方法は?

出典:http://gahag.net/

次に黒クマ・茶クマ・青クマそれぞれの予防方法をご紹介していきましょう。

■黒クマ

黒クマの原因としては「目のくぼみ「涙袋」「目のたるみ」などから生まれる、目の下の影でした。

目の下の皮膚が垂れ下ること、くぼむことによって起きる黒クマを予防するためには、目の周囲の筋肉、特に目の下の 筋肉のトレーニングがおすすめです。

トレーニングによって、目の下に飛び出てきた脂肪(眼窩脂肪)をひき上げる筋肉をつけることで、筋肉が脂肪を抑えてくれるため黒クマを予防することができます。もちろんすでに黒クマができている方にも有効ですよ。

以下に黒クマを予防する目の周りの筋肉トレーニングについてご紹介していきましょう。

【目の下の筋肉トレーニング】
以下の順序に従って、目の下の筋肉トレーニングを行なっていきましょう。

 

【1】 舌を出して前歯で噛み、固定する。
【2】下のまぶたをできるだけ上に持ち上げるようにしてリフトアップする。
【3】下まぶたをゆっくりと元の位置に戻す。
【4】2~3のプロセスを1日30回程度繰り返す。
ポイントとしては頬などの筋肉を使わずに、できるだけ下まぶたの部分だけを使うということです。これによって目の下の筋肉を鍛えられ、黒クマを予防することができます。

【黒クマを感じたら目の下のマッサージも効果的!】
黒クマの原因のもう1つに「目の周りがむくむことによって目の下に影が生まれる」というものがあります。この むくみを解消してあげることも、黒クマの予防のために効果的な手段です。

マッサージ自体は中指で目の周りを優しく押してあげるだけなので簡単です。しかし目の薄い皮膚を摩擦してしまうと 茶クマの原因となってしまう可能性があるため、マッサージをする際には アイクリームなどを使用して滑りが良くなるように工夫しましょう。

■茶クマ

茶クマの原因として挙げられるのは、「摩擦」「紫外線」などによるメラニン色素の発生でした。そしてメラニン色素を分解するためにはお肌のターンオーバーが不可欠。つまり茶クマの予防にはターンオーバーを促進するということが最も効果的なのです。

以下にお肌のターンオーバーを促す方法について2つ解説をしていきます。

【ビタミンC誘導体の含まれたスキンケアアイテムを使って目元ケア】
お肌のターンオーバーを促進するために、必要な成分がビタミンCです。しかしビタミンCだけでは、目元への浸透力が弱いです。目元の皮膚にしっかりとビタミンCが染み込まなければお肌のターンオーバーを、促進させることはできません。

そこで便利なのがビタミンC誘導体を配合したスキンケアアイテムです。ビタミンC誘導体は一般的なビタミンCよりも皮膚への浸透性が高く、よりお肌に届きやすくなっています。

目の下のスキンケアをする場合にはビタミンC誘導体の配合されているスキンケアアイテムを使用して、 続的に目元のケアをしましょう。そうすることで目の下のメラニン色素がターンオーバーによって分解され、茶クマ予防に繋がります。

【保湿をしてお肌のバリア機能を修復】
またターンオーバーを促すためには保湿もかなり大切です。なぜならお肌のバリア機能を修復するためには 保湿が不可欠だからです。

ターンオーバーは肌を生まれ変わらせるものですが、肌のバリア機能が整っていなければターンオーバーの周期が遅くなったり、十分にお肌を修復できなくなったりします。

そのため目元が 乾燥している方はターンオーバーを直接的に促進するスキンケアアイテムを使用するよりも、まずは 保湿が大事です。保湿によってお肌のコンディションをしっかりと整えた上で、ターンオーバーを促すことで目元のケアを効果的に行うことができるのです。

■青クマ

青クマの原因は 「睡眠不足」「眼精疲労」「ストレス」「冷え性」などの血行不良であると先に述べました。

こちらではそれら、青クマの原因となる血行不良を改善していく方法について見ていきましょう。

【定期的に体をほぐして血行促進】
長い時間、同じ姿勢で働かれている人などはそれだけで血行促進の妨げとなっています。特にデスクワークメインのお仕事などをされている場合、 座った姿勢が最も血流が悪くなっています。

1時間に1度、 ストレッチをして、1~2分程度 歩くだけでも血行促進につながり、ひいては青クマの予防ともなります。

座ったままのストレッチよりも立って体全身をほぐす運動をする方が効果的です。

【目を休ませることも効果的】
眼精疲労を労うには目を休ませることが最も必要です。出先などでの目の休ませ方としては目薬を使ったり、眼球をグルグルと回すことで目のストレッチになります。

また家にいるときにはホットタオルを目の上に置くこともおすすめ。ホットタオルを目の上に置くと血行促進効果があるため、青クマの予防に繋がりますよ。

【体を温めて冷え性改善】
血行不全の原因としては、冷え性もありましたね。冷え性改善のためには、しっかりと 湯船に浸かることや、 体の温まる食べ物を意識的に摂取することが大切です。また体を冷やす食べ物を避けることも意識しましょう。普段のご飯に生姜やネギなどを、加えてあげるだけで体を温める効果を得ることができます。

他にも冷える室内では、ブランケットやカーディガンなどで、冷え対策をするということも重要なポイントです。

【眼精疲労におすすめのサプリ】
眼精疲労によって、青クマができている方には、ビルベリー・ルテイン・ゼアキサンチンが豊富に配合された「ひとみのみやび」というサプリメントがおすすめです。

先ほどの3つの成分は主に緑黄色野菜に入っており「天然のサングラス」と言われるほど紫外線からのダメージをカットしてくれる効果を持っています。眼精疲労の主原因と呼ばれているブルーライトからも目を守ってくれるためパソコンやスマホ、テレビなどをよく見るという人にも効果てきめんなのです。

インターネット上を調べると、他にも眼精疲労サプリメントのために、ビルベリー・ルテイン・ゼアキサンチンなどが含まれているものが多いです。しかしプライスや成分量を比較すると大きな違いがあります。配合される成分とコストパフォーマンスを見ると「ひとみのみやび」はおすすめのサプリだと言えるでしょう。

また他にも「ひとみのみやび」には、類似サプリにはないいくつかの特徴があります。

【1】 ルテインは「フリー体」で完全に天然由来のものが100%配合されている
【2】 ルテイン12mgとゼアキサンチン2.4mgという研究で実証された効果的な配合
【3】クロセチンが配合されていることによってルテイン吸収力が2倍以上
【4】ビタミンCの6,000倍の鮮度キープ効果があるアスタキサンチンを配合
【5】ビタミンミネラルを9種類配合しているため栄養機能食品としても魅力的

まだまだ紹介しきれない魅力があるのですが、大まかにまとめると上記のような特徴があります。

実際に「ひとみのみやび」を使用したユーザーからは以下のような効果が報告されています。

● ドライアイだったが、目薬をささなくても、乾かなくなった。
● 新聞を見るのが辛かったが、飲み始めて2ヶ月目にハッキリと見えることを実感した。
● パソコンなどを見る際に、乱視用メガネを付けていたが、不要になった

【ひとみのみやび】

出典:http://asunaro-wakasa.com/

「国際品質基準ISO22000」に認定されている工場で製造されているため、品質としても最高レベルだと言えます。

また毎日飲むだけという手軽さも人気の秘訣。初回注文は通常価格から80%もオフされるとのことなので気になる方は試してみることをおすすめします。

気になる方はコチラ
↓ ↓ ↓

3.目のクマをケアする方法は?

出典:https://www.pakutaso.com/

先ほどは、目の下のクマの予防方法について、解説をしていきました。

次にこちらでは、「目の下にクマができてしまった」という方に向けて、効果的に目の下のクマをケアしていくことができる方法について紹介をしていきます。

■目元の血行の促進をよくしてケア

目の下にできたクマの予防のためにも、血行促進を目的としたマッサージが効果的ですが、目の下にクマができてしまったときにも、やはり血行を促すマッサージは重要です。

特に青クマができている人は 血行不全が原因のことが多いため、 目元を マッサージすることによる血流予防は必須です。以下にいくつかの目元を中心とするマッサージをご紹介していきましょう。

【顔面静脈を中心とするマッサージ】
両目の目頭から、鼻を避けてちょうど目の真下の位置にくるラインには「顔面静脈」と呼ばれる血管が通っています。この「顔面静脈」には目の周りにある静脈を含めて顔のあらゆる部分の静脈が集合しています。

「顔面静脈」を優しく刺激してあげることによって、目元の血行を促進させる効果が期待できます。以下の手順に従って「顔面静脈マッサージ」をしてみましょう。

【1】目頭からアゴにかけての「顔面静脈」を優しく中指・人差し指の腹で押していく
【2】首の付け根を両手の平で包み込み、優しく揉み込む
【3】首の付け根が暖かくなったら、再び1~2のプロセスを繰り返す

5~10分程度、人差し指や中指で優しく目頭から顎にかけての「顔面静脈」をマッサージしていくと顔表面の体温が最大1度まで上がります。顔面が暖かくなってきたことを感じたとしたら、それは目元を含めて顔中の血流が促進しているということです。

【目元に集中マッサージ3種類】
また「顔面静脈マッサージ」に併せて、こちらで紹介する3つのマッサージも組み合わせると効果が高まります。

1つ目のマッサージは数分で終わる「朝のメイク前の血行促進マッサージ」として有効です。

【1】クマの真下の骨のラインに沿って、目頭から目尻へと、優しく肌を押していく
【2】こめかみを中指で、優しく押す
【3】1~2のプロセスを、5回繰り返す

2つ目のマッサージは入浴中や時間のあるときにじっくりと時間をかけて行ってほしいマッサージです。

【1】両手の中指の腹を目尻の上に置く
【2】目尻から下まぶた側を通り、目頭の方まで指をスライドさせる
【3】目頭から上まぶた側の目頭まで上がり、目頭までスライドさせる
【4】1~3のプロセスを10回程度繰り返す

ポイントは摩擦が起こりすぎない程度の押し具合にしておくということです。摩擦が起こってしまうと青クマが解消されても、茶クマが発生する可能性があります。アイクリームを併用して摩擦が起きないようにするとより良いですね。

3つ目のマッサージは、目元を引き上げてたるみを取るとともに、血行の促進をすることができるマッサージです。青クマだけではなく黒クマにお悩みの方にもおすすめですね。

【1】両手の人差し指と中指の腹を目尻に置く
【2】こめかみ側に向かって目尻を引き上げてつり目のような状態にする
【3】5秒間経ったら指を離す
【4】1~3のプロセスを5回程度繰り返す

目の下が伸びるような感覚を得られるように、マッサージをすることでむくみ・たるみをしっかりと取ることができます。

無理やり引き上げると、摩擦が起こってしまうため、痛くない程度に優しく引き上げることを意識してください。

【おすすめの目元マッサージ用クリームの紹介】
また上記で紹介をした目元マッサージ・目元ツボマッサージには、アイクリームなどを用いることがおすすめです。何も塗らずにマッサージを行うことによって摩擦を起こして肌を傷めてしまう恐れがあるためです。

【米肌(MAIHADA)肌潤改善アイクリーム コーセー】

出典:https://amzn.to/

こちらで紹介するのはコーセー「米肌(MAIHADA)」の「肌潤改善アイクリーム」です。少々ハイプライスではありますが、アイマッサージ用のクリームとしてはかなり優秀です。ボディクリームなどで代用している方もいますが、やはり目元の肌に合わせて開発されたもののためクマの改善などにも効果的です。

こちら「肌潤改善アイクリーム」の特徴としては、「ライスパワーNo.11」という独自成分が含まれているという点。顔の中でも特に乾燥しやすい目元の肌の角質層にまで浸透してセラミドを生成してくれます。セラミドは肌のうるおいには必須の成分のため、乾燥から来るクマなどには効果的ですよ。

また「高密封ラッピングベール」というクリームテクスチャーの高い密着性によって、美容成分を肌の中にしっかりと閉じ込め逃がしません。

主に含まれている成分は以下の3種類です。

【1】発酵ヒアルロン酸
【2】スクワラン
【3】リビジュア

「発酵ヒアルロン酸」は、たった1gだけで6リットルの水を保持することができるという驚異のうるおい成分です。この成分が目元に浸透すれば薄い目元の皮膚から水分が蒸発していくことを防げます。

「スクワラン」はもともと肌に存在する皮脂膜に似ている成分。皮膚の上に皮脂膜を生成してくれるため、肌の保湿力を高めます。

そして「リピジュア」は肌のハリツヤを最大限まで高めて長時間キープしてくれる成分です。「リピジュア」は人の肌細胞の構造に近く、肌にナチュラルに浸透していきます。

こちら「肌潤改善アイクリーム」を実際に使用しているユーザーからは、
● 伸びがよくクリームのイヤなベタベタ感がないため、快適に使える
● 夜のスキンケアの仕上げに使用しており、クマが解消された
● 値段は高いけれど目元にちょい塗りでいいため、3ヶ月以上保っています
など優れた使用感・高いスキンケア効果・高いコストパフォーマンスを評価するコメントがたくさん寄せられていました。

■足の血行の促進をよくしてケア

「第2の心臓」と呼ばれる足。その理由はふくらはぎを中心とする足の筋肉が収縮したり弛緩したりすることによって体全体に 血液を巡ら せる働きをしているからです。

しかし足の血管も疲労やストレスが溜まることによって血管が縮んでしまい、血流促進の働きが鈍くなっていきます。

足をマッサージして血行促進をすることで顔にも血流を行き届かせてクマを解消することも可能。こちらではクマに効く足のマッサージ方法をご紹介していきましょう。

【ふくらはぎの血流・リンパの流れを促進するマッサージ】
最初にご紹介するのは、体に血液を巡らせる血流・リンパの流れを促進するマッサージ。以下の手順に沿ってふくらはぎをマッサージしていきましょう。

【1】両手で包むように右足の膝裏を持ち、グッと押して離す動作を5回行う
【2】1のマッサージを左足でも同様に行う
【3】右側のふくらはぎを両手で包むように持ち、足首のあたりから膝にかけてグーッとスライドさせる。これも5回行いましょう。
【4】2のマッサージを左足でも同様に行う
【5】両手で右足のふくらはぎを持ち、グッと押して離す動作を5回行う。下のふくらはぎから徐々に上のふくらはぎに移動させていきましょう。
【6】5のマッサージを左足でも同様に行う
【7】右足のアキレス腱を5本の指で挟むように持ってグリグリとほぐす。左足も同様に行います。
【8】右足のふくらはぎを5本の指で挟むように持ってほぐす。スネ側も同様の動きでほぐす。
【9】8の動作を左足も同様に行います。
【10】人差し指と親指で足首からふくらはぎまでスライドさせるように押し上げる。こちらもスネ側も同様の動きでほぐしましょう。
工程の多いふくらはぎのマッサージですが、丁寧にやっても10分たらずで終わります。ボディクリームなどを使用して滑りを良くすることで摩擦も起こりづらいためおすすめします。

【足裏のマッサージ】
ふくらはぎだけではなく、足裏のマッサージをすることによって、足の血行を促進させることも可能です。以下の手順に従って足裏をマッサージしてみましょう。

【1】椅子に座っている状態で、右足を左の太ももの上に置く
【2】グーの拳で右足の土踏まず、中央部をグリグリとこする
【3】土踏まずから足先・かかとの部分に向けて拳を移動させる
【4】足指は人差し指と親指で、つまむように圧を掛ける
【5】左足も同様にマッサージを行う

足の中央にある土踏まずからかかと・指先といったように末端の方に向けてマッサージをすることによって足のすみずみまで血を行き渡らせることができます。足裏が冷えるのは脂肪が少ないから。マッサージで手の熱を与えてあげることが、足裏をダイレクトに温める効果にもつながります。

【座ったままできるふくらはぎストレッチ】
次に紹介するのは、普段座ったまま仕事をすることが多い人におすすめのストレッチです。以下の手順に従ってふくらはぎをストレッチしてみましょう。

【1】椅子に座っている状態で足首を10回ほど伸ばしたり、曲げたりする
【2】右足を浮かせて足首をグルグルと、10回ほど時計回りに回す
【3】左足首も同様に回す
【4】今度は右足を浮かせて、反時計回りに足首をグルグルと10回ほどに回す
【5】左足首も同様に回す

これで座ったままふくらはぎをストレッチすることができます。

足首を回す時には、ふくらはぎの動きを意識しながらすることで効果がアップしますよ。

【ウォーキングも血行促進におすすめ!】
足のマッサージをご紹介していきましたが、ウォーキングも簡単に血行促進を実現する方法です。わざわざウォーキングの時間を作らなくても、以下のポイントを意識しながら歩くことによって血行促進効果を得ることができます。

● 普段よりも少しだけ多めに歩く
● ふくらはぎの筋肉を働かせるイメージで歩く
● 階段・坂道などをウォーキングするとより効果的!

足のマッサージに併せて、この3点を意識しながらウォーキングも取り入れてみてくださいね。

■目のツボを押してケア

次に紹介するのは目元のツボ押しマッサージ2種類です。マッサージばかりでは皮膚への摩擦負担が多いため、1日ずつマッサージとツボ押しを交代していくことが理想的ですね。

以下の2種類のツボについて解説をします。
【1】太陽
【2】攅竹(さんちく)

【太陽のツボマッサージ】
「太陽」はこめかみの下部分に当たるツボです。このツボは顔全体の筋肉疲労を取ってくれる効果があります。

顔全体の疲労が取れれば、血行が促されるだけではなく目元に溜まっている老廃物をしっかりと流してくれるため、クマの解消にも繋がります。また眼精疲労の解消効果も高いです。

以下に「太陽」の効果的な押し方について見ていきましょう。

【1】両手の親指をこめかみの下にある「太陽」の上に置く
【2】10円玉くらいの大きさを意識しながら「太陽」の上の親指を10回ほど回す
【3】親指を離して10秒ほど時間を置く
【4】1~3のプロセスを5~10回繰り返す

【攅竹のツボマッサージ】
「攅竹」は目頭から5mmほど下にあるくぼみに位置するツボです。メガネをかけている方なら、鼻あてが当たる部分と言えばわかりやすいでしょうか。こちら「攅竹」は眼精疲労の解消に効果のあるツボとなっています。

以下に「攅竹」の効果的な押し方について見ていきましょう。

【1】両手の親指を「攅竹」の上に置く
【2】親指でグッと「攅竹」を押して持ち上げる
【3】2の状態で10秒間キープをする
【4】2~3のプロセスを5回繰り返す
【5】4が終わったら小さな円を意識して、親指を「攅竹」の上でグルグルと回す

以上が目の下のクマ解消に効果のあるツボです。マッサージと併用しながらクマを解消していきましょう。

4.スプーンを使って簡単にケアする方法!

出典:https://www.pakutaso.com/

上記でクマをケアする方法について色々とご紹介をしていきましたが、なんと「スプーン」を使って手軽にケアをクマのケアをする方法があります。

それも特別なものではなく、ご家庭で食事の際に用いられるいたって普通のスプーン。マッサージに適したサイズのものであればどんなものでもクマをケアすることができます。

用意をするものは以下の3点です。

【1】大きめのスプーン
【2】氷水
【3】人肌より温めのお湯(38度くらいが目安)

スプーンを使用したクマのケアの手順は以下通りです。

【1】スプーンを氷水に入れて冷やす
【2】下から上に向けて頬をスプーンで優しく叩く
【3】徐々に叩く部分を目元に移動し、スプーンをペタペタと目元に付けるイメージで叩く
【4】スプーンをお湯に入れて温め、2~3のプロセスを同様に行う
【5】1~4のプロセスを10分程度繰り返す

このスプーンマッサージでは、上記でも出た「顔面静脈」を効果的に刺激することができます。「顔面静脈」の血流が活発になれば目元にも血液が巡りクマの解消につながります。

名前
目元のお肌はデリケートなため、強く叩きすぎないように注意をしましょう。

5.目の下のクマをケアできる美容アイテム紹介

次に目の下のクマをケアすることができる美容アイテムをご紹介していきます。

■おすすめの美容アイテム紹介

それでは早速、目の下のクマをケアすることができる美容アイテムを見ていきましょう。アイマスクや化粧アイテムに関しては次の見出しでご紹介していきますよ。

【アテニア アイエクストラ セラムn 】

 

出典:https://amzn.to/

目尻・目頭・目元への「エイジングケア」に効果的なアイクリームが、こちら「アイエクストラ セラムn」です。目元にクマやシワができやすいのは、顔の中でもまばたきなど動きが多いということと、皮膚が薄いということです。

メーカーであるアテニアは一方で目元の「毛細血管の多さ」に着目し、血管を中心とする皮膚構造に注目したアイクリームを開発しました。

特に「アイエクストラ セラムn」の特徴は、メーカー独自開発の「エネリブートGY」。この成分には、
● 目元の毛細血管を活性化させて血色を良くする「コメ胚芽油」
● 肌細胞を活性化させて目元のお肌の保湿力を上げる「酵母ペプチド」
が含まれています。

濃厚なクリームタイプのテクスチャーが優しくお肌に馴染み、ローズマリーやオレンジを配合したアロマが リラックス効果をもたらしてくれます。

アイクリームとしてはお値段が気になるところですが、伸びがいいテクスチャーのため1度ごとの使用は「あずき粒大」。そのため120回の使用が想定されています。

敏感肌の方にうれしい合成香料・鉱物油・パラベン・アルコールフリーで、色や香りは全て天然由来成分によるもの。アレルギーテストもされているため、安心してお使いいただけます。

「アイエクストラ セラムn」のユーザーからは、
● 塗った瞬間から目元にピンとしたハリを与えてくれる
● 弱まってきた目元の印象が復活して顔の見た目年齢が若返った
● 目元の乾燥が気にならなくなりメイクのりも良くなった
などのコメントが寄せられています。

created by Rinker
アテニア
¥2,700 (2019/11/13 06:32:56時点 Amazon調べ-詳細)

【TREE Memoto to Matsuge no Gohoubi】

出典:https://amzn.to/

せっかく目元に塗るのであれば、「目元の皮膚だけでなくまつ毛も一緒にケアしたい」という方にぴったりなのがこちらのアイクリームです。

発売から2ヶ月間という短い期間で、

● @cosme 2017年アイケア・アイクリーム部門 第1位
● Rakuten 2017年楽天市場スキンケアランキング 第1位
● Rakuten 2017年楽天市場ビューティーコスメランキング 第1位
● Rakuten 2017年楽天市場アイクリーム・ジェルランキング 第1位

と堂々の4冠制覇を果たすという受賞歴。ユーザー満足度98%以上と、使用者からの支持が非常に高いアイクリームとなっています。早速その人気の秘訣をご紹介しましょう。

「Memoto to Matsuge no Gohoubi」は、目元のクマや凝りや保湿のケアにフォーカスを当てたアイクリームです。目元にもともとあるハリツヤや血液循環力を取り戻し、健康的かつ若々しい目元を復活させます。

こちらのアイクリームによる目元ケアは以下の4段階で行われます。

【1】血液循環の改善
【2】潤沢なうるおいを目元に浸透
【3】美容成分をリッチに提供
【4】高い保湿力で美容成分を密閉

まず目元をマッサージしながら「Memoto to Matsuge no Gohoubi」を目元の気になる患部に塗り込んでいきます。凝り固まった筋肉をほぐしながら浸透させていくことで「クダモノトケイソウ果実エキス」「グルコシルヘスベリジン」などの成分が血液循環を促します。

次に「バルミチン酸」「アスコルビン酸」など、高いうるおい効果を持つ4種類の成分をビタミン誘導体である「APPS」が目元の角質層にまで浸透させます。このビタミン誘導体は従来のものよりも100倍以上の浸透力があると言われています。

それと同時に美容成分「プラセンタエキス」「酵母エキス」など4種類の美容成分が目元に浸透していきます。うるおい成分と美容成分のW効果で目元に若々しさをよみがえらせます。

最後に「コラーゲンプロテクタ」「トリプルコラーゲン」などの成分が、潤って美しくなった目元の状態を持続、安定させてくれます。これまでのアイケアはその時の保湿・美容効果がありつつ、その後のうるおい・美容キープ効果が低いと言われていました。その点が改善されているのが「Memoto to Matsuge no Gohoubi」の強みです。

また忘れてはならないのが、こちらのアイクリームのまつ毛育成効果。目元に塗り込めば、まつ毛が生える土壌ともいうべき毛母細胞がうるおい、強くたくましいまつ毛を育成することができるのです。 まつ毛育成に効果的な「アセチルテトラペプチド-3」「アカツメクサ花エキス」がリッチに配合されていることもポイントですね。

■おすすめのサプリ紹介

【DHC 天然ビタミンA 〈30日分〉】

出典:https://amzn.to/

クマの原因の1つである眼精疲労や、眼球の疲れを効果的にケアしてくれるのが「ビタミンA」です。

DHCの「天然ビタミンA」はその名の通り、100%天然由来のビタミンAで構成されているだけではなくデュナリエラカロテンが配合されており、体内に効率よく吸収されるようになっています。

過剰なビタミンA摂取を抑え身体に必要な分だけビタミンAに変わるため、特にビタミンAが必要な疲れ目の方におすすめです。アイクリームなどで身体の外からケアをすることもいいですが、サプリメントを摂取して身体の中からクマをケアしていくという手段もあるのです。

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥1,495 (2019/11/13 06:32:57時点 Amazon調べ-詳細)

■おすすめのアイマスク

次に目の下のクマに効果的なアイマスクをご紹介しましょう。

【めぐりズム 蒸気でホットアイマスク】

出典:https://amzn.to/

使い捨てタイプのアイマスクとして最も認知度が高いこちらのアイマスク。人気があるだけあって、その効果・手軽さはトップレベルです。

1度目の上に置けばアイマスクから40℃近くの暖かい蒸気が出てきて20分ほど、快適な目元ケア時間を楽しむことができますよ。目元を集中的に温めることができるためクマの予防・解消効果が高く「お風呂に入っているような心地」で気持ちよくリラックスすることができます。

【コイズミ 目もとマッサージ エアーマスク ホワイト KRX-4000/W】

出典:https://amzn.to/

使い捨てタイプのアイマスクでは物足りない、もっと高い頻度で目元ケアをしたいという方にはコイズミの「目もとマッサージ エアーマスク」もおすすめですよ。

目元にセットするタイプの音感ヒーター付きエアマッサージャーで、見た目は今流行りのVRゴーグルのようなものになります。

このエアマッサージャーは目元のお悩みに合わせて3つ機能を使用することができます。

【1】エアマッサージャーによる「締め付けマッサージ」
【2】音感ヒーターによる「あたため目元ケア」
【3】バイブレーションによる「ブルブルマッサージ」

またこれら3つの機能を組み合わせて、

● エアマッサージャーで締め付けながら目元を温める
● バイブレーションで振動をさせながら締め付けマッサージをする

など7つのマッサージモードを選択することができます。

横になりながら使用することもできるので就寝前にベットで寝転びながら使用するなどが可能であることが魅力的ですね。

created by Rinker
コイズミ(KOIZUMI)
¥6,160 (2019/11/13 06:32:59時点 Amazon調べ-詳細)

■おすすめの化粧アイテム

 

次にクマを肌に馴染ませることができるおすすめの化粧アイテムについてご紹介をしていきましょう。

【クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュ】

出典:https://amzn.to/

カバー力に定評のあるコンシーラー「コレクチュールヴィサージュ」がおすすめです。肌に溶け込むようにクマを自分の肌のトーンに合わせることができるため、自分でもクマの存在を忘れてしまうくらいだと言います。

また使用しやすいスティック状コンシーラーとなっているため、出先でもこれ1本を持っていくことでメイク崩れにも対応可能。様々な肌のトーンに合わせて全5カラーが用意されています。そして日中の紫外線がクマを作る原因の1つであるという点にもフォーカスを当て、「SPF25・PA+++」となっているところも特徴です。

クリーミーで滑らかなテクスチャーになっているため、厚塗りになりすぎず薄く伸びてしっかりとクマを含めたお肌のトラブルをカバーしてくれます。

【ローラ メルシエ フローレス フュージョン ウルトラ ロングウェア コンシーラー】

出典:https://www.amazon.co.jp/

コンシーラーのわざとらしいカバー感がないナチュラルさで、クマをカバーできるコンシーラーがこちら。どうしてもパサっと見えるコンシーラーにはない、うるおい感をお肌に与えてくれます。

こちらのコンシーラーの特徴は以下の3点です。

【1】目元を美しくする美容成分が配合されているため透明感のある肌に導かれる
【2】光を拡散させて小じわや毛穴をカモフラージュするテクスチャー
【3】水・汗・皮脂に負けないウォータープルーフ機能

素肌に近い自然な美肌を演出しつつも、落ちにくくカバー力の高いコンシーラーとなっています。これまでのコンシーラーではカバー力や「バレバレ感」が気に入らないという方におすすめしたいですね。

またカラーバリエーションも様々なお肌のトーンの人にマッチするように、クール・ナチュラル・ウォームカラーから全6カラーをラインナップ。自信を持っておすすめできるコンシーラーです。

6.簡単に目のクマが隠せるメイク術

出典:http://gahag.net/

毎朝、目のクマ隠しメイクに時間をかけているのに、いまいち効果を実感できないという方もいらっしゃるのでは。厚化粧感を出さずにクマを隠すにはちょっとしたメイクの工夫が必要ですよ。

以下に目のクマを簡単に消すことができるメイク方法をご紹介していきましょう。

■クマの種類に合わせてコンシーラーのカラーを変える

1つ目はコンシーラーを使用した、クマ隠しメイクの方法です。クマの種類に合わせてコンシーラーのカラーを変えるということが大前提です。
● 黒クマには「ホワイトカラー」のコンシーラー
● 青クマには「オレンジカラー」のコンシーラー
● 茶クマには「イエローカラー」のコンシーラー

上記のルールを守ってコンシーラーのカラーを使い分けてください。クマに対して最適なカラーをチョイスできれば、特別なテクニックは必要ありません。

■ファンデーションで時短クマ隠し

次にファンデーションを使用して、短い時間でクマ隠しを行うことができる方法をご紹介しましょう。以下の手順に合わせてファンデーションを目元に乗せていきます。

【1】ファンデーションをいつも通り顔全体に乗せていく
【2】同じファンデーションを少量だけスポンジに取る
【3】目元にできるだけ薄くファンデーションを伸ばしていく

これだけでファンデーションによるクマ隠しメイクは完成です。コンシーラーも使用しなくていいですし、今お使いのファンデーションを少しだけ目元にのせるだけでいいのでコストパフォーマンスもいいですよね。

7、おすすめのクレンジングケア

クレンジングを間違うことによって、目元に摩擦が生まれて、クマができる可能性があります。目元の肌はデリケートなため、ゴシゴシと擦ったり、クレンジング剤がお肌に合わない場合には肌荒れを起こしてしまうからです。

以下に紹介するクレンジングケアのポイントを守ってクマを作らないようにしましょう。

■クレンジングケアの正しい手順

それでは最初にクレンジングケアの正しい手順を解説していきます。

クレンジング順番を間違えるとメイク落ちが悪く、余計に擦ってしまうことになる原因に。そのため正しい順序で必要最低限のクレンジングでメイクを落としきることがおすすめです。

以下の手順に従ってクレンジングケアを行なっていきましょう。

【1】クレンジングケアの前に手を洗って清潔にする
【2】額から鼻にかけてのTゾーンからクレンジングを行う
【3】頬を含めたUゾーンをクレンジングケアしていく
【4】目元・口元は最後にクレンジングケア。優しく落としていきましょう
皮脂量の多い順番にクレンジングケアを行うことで必要以上に皮膚をこすることなく、メイクを落としきることができます。

■クレンジングケアは「1分」をめどに!

クレンジングケアに時間をかけすぎていると、それもまた皮膚へのダメージが大きくなる原因になります。

なぜならクレンジングオイルには、界面活性剤などが含まれているためです。界面活性剤がお肌のうるおいを守るセラミドや天然保湿成分までも、洗い流してしまう恐れがあります。

セラミドや天然保湿成分がなくなれば乾燥肌となり、特に肌の薄い目元などは肌荒れ・クマの発生に繋がりかねません。

■ホットタオルケアをクレンジングケアの前に行う

クレンジングをする前にホットタオルを顔に当てることもおすすめです。ホットタオルを当てることによって毛穴が開き、肌が柔らかくなることで、クレンジングによるダメージを受けにくくなります。

またホットタオルには血行促進の効果もありますので、青クマを予防・解消する効果も得ることができますよ。

■家に帰ってきたらできるだけすぐにクレンジングケアを行う

紫外線や外部からのダメージによって、化粧品は酸化が進んでいきます。

つまりメイクを塗って外出をするということは、時間経過とともに肌に酸化していくメイクを密着させているということになります。そうなるとお肌が荒れたり乾燥したりする原因となってしまいます。

そのため家に帰り次第、できるだけ早くクレンジングケアを行うことがおすすめです。酸化したメイクを素早くオフすれば、それだけお肌へのダメージを軽減できるからです。

■クレンジングケアの後にはアイバッグセラムでしっかり保湿!

 

クレンジングケアの後にはしっかりとスキンケアを行うことも大切です。そこでおすすめしたいのが「アイバッグセラム」と呼ばれる目元トータルケアクリームです。

【アイバッグセラム】

出典:http://o2vita.com/

「アイバッグセラム」は肌周期に着目して、肌がもともと持っている保湿機能・バリア機能を活発化させるというもの。

注目の成分としては、海の至宝と呼ばれる「マイクロシーウィードエキス」この成分は肌をグッと引き締めて、目元にハリを当たる効果を持ちます。また肌にダメージを与える外部刺激から肌を守ってくれるという効果もあります。

また他にも今、美容界で話題の「大豆・米ぬか由来タンパク」が配合されています。クマによって暗くなった目元のトーンを明るくし、健康的な目元の肌に導いてくれます。

こちらの「アイバッグセラム」はユーザー支持も厚く2017年には、

● Rakuten 総合部門 第1位
● Rakuten 美容・コスメ・香水部門 第1位
● Rakuten スキンケア部門 第1位
● Rakuten 女性総合部門 第1位
● Rakuten 目元美容液部門 第1位

など5冠を果たしています。

実際に使用しているユーザーからも
● ハリとツヤが20代の頃のように若返った
● クレンジングの後に塗り込むことでスムーズに浸透してくれる
● 使用感がサッパリとしていて気持ちい
などのコメントが寄せられています。

気になる方はコチラ
↓ ↓ ↓

8.まとめ

今回の記事では、クマができる原因をそれぞれの種類に分けて見ていくとともに、クマの種類に合わせたケア方法、目の下のクマをケアできるBecordeおすすめスキンケアアイテムなどについてご紹介をしていきました。

黒クマ・茶クマ・青クマごとに原因が異なるため、ご自身の目の下のクマがどのクマなのかを判別して解消に向けて効果的にアプローチをしましょう。

また目の下のクマのケアについては、スキンケアとメイクなどを掛け合わせることもポイントです。どれか1つの手法でケアしたりカバーをしたりするよりも「日中は美容クリームとメイク、夜はアイマスクとフェイシャルクリーム」などと24時間体制でいくつかのアイテムを併用することで効果的にクマをケア&カバーしていくことができるのです。

ぜひ今回の記事で紹介したアイテムを組み合わせて自分だけの「最強の目の下クマケア」を編み出しましょう!

ライター:森島

目のクマができる原因ってこんなにあるの?目のクマのケア予防方法紹介
4 (80%) 1 vote