オーガニック化粧水で肌も心もリラックス♡優しいスキンケアを始めよう!

この記事でわかること
・正しいオーガニック化粧水の選び方
・プチプラのオーガニック化粧水
・国産のオーガニックブランド

 

オーガニック化粧水と聞くと、肌に優しそうなイメージを持っている人も多いかと思いますが、市販のオーガニック化粧水の中にはオーガニック成分を少ししか含んでいないのに「オーガニック化粧水」であることを強調している商品もあります。そういった商品は嘘をついているわけではありませんが、どうせ使うならきちんとした成分を配合したオーガニック化粧水を使いたいとは思いませんか?

今回は、オーガニックの基準やオーガニック化粧水の正しい選び方、手軽に購入できるオーガニック化粧水をご紹介。肌に直接つけるものだからこそ、正しい知識を身につけて、もっと肌に優しいスキンケアを目指しましょう!

 

1. オーガニック化粧水とは?

■そもそもオーガニックとは?

そもそもオーガニックとは、肥料や化学合成成分を使用せずに栽培された、有機素材で作られたという意味があります。素材そのものの力により人間が持っている自然治癒力を高め、肌をケアすることが目的で、肌への刺激が少ないという特徴があります。

オーガニック化粧水が肌に優しいと言われているのは、このように肌に刺激となりやすい化学物質を含んでいないという特徴によるところが大きいと言えます。肌荒れなどのトラブルの可能性が低い化粧水であるため、敏感肌の方でも心配が少なく使用できると言われています。

■無添加、天然由来との違い

一般的に売られている化粧品の中には”無添加”や”天然由来”という、オーガニックのような印象を与える表記のものがあります。しかしこれらには、多少の化学合成成分は含んでも無添加、天然由来とうたって良いことになっています。だからと言って肌に優しくないというわけではないのですが、無添加、天然由来だからと言って化学合成成分が含まれていないとは言えないということです。

そして、オーガニックの化粧水やコスメも、化学合成成分が含まれている可能性があります。現在の日本では「1%でもオーガニック成分が配合されているものはオーガニックと表示しても良い」ということになっているからです。

本当に肌に優しいオーガニック化粧水を選ぶなら、成分表示をきちんと確認し購入する必要があります。

■オーガニック化粧水のメリットとデメリット

【メリット】
・自然由来成分でお肌にやさしい
・肌が本来持つ美しくなろうとする力をサポートしてくれる
・天然アロマ成分でリラックス効果が高い

【デメリット】
・植物由来だからといって、すべての肌に合うわけではない
・ケミカルコスメに比べ使い心地が劣る場合がある
・日本にはオーガニック化粧水の基準がないので、「なんちゃってオーガニック化粧水」が多い

などが挙げられます。
メリットに関しては、なんとなく想像がつくかもしれませんが、デメリットにあげられる「ケミカルコスメに比べ使い心地が劣る場合がある」という点がびっくりされた方も多いのではないでしょうか?

ケミカルコスメには、手触りをよくするシリコンや合成ポリマーが配合されていることがあり、化粧水やクリームの伸びが良く感じられたり、肌馴染みが良く感じられたりすることがあります。一方、オーガニック化粧水にはそのような成分が配合されていないことが多いため、肌馴染みが悪く感じられる人もいるようです。

肌本来の質感を高めたいという人にとっては、オーガニック化粧水はおすすめですが、初めて使う人にとっては扱いづらいかもしれません。

2. オーガニック化粧水の選び方

オーガニック化粧水と言っても様々なものがあり、試してみたいけれどどうやって選べばいいか分からないという人も少なくはないはず。ここでは、オーガニック化粧水を選ぶポイントをお伝えします。

■何がオーガニックなのか?

その商品、またメーカーが何を基準としてオーガニックだとしているのかを見極めることが大切です。きちんとこだわりをもって作られた商品であれば、説明にもしっかり記載があるでしょうし、公式サイトで商品に関する情報が確認できるはずですよ。

■世界の基準「オーガニック認定マーク」を知っておく

世界で統一したオーガニックの基準はありませんが、オーガニック化粧品の認証機関は世界にたくさんあります。それぞれの国や認証機関によって、その基準や定義は異なりますが、一番共感できる認証機関に出会えたら、そのロゴのついている商品を選べば安心できますよね。その認証機関の中でも特に信頼できるものを紹介します。

出典:https://binkanhada-skincare.net/

ECOCERT(エコサート):フランスで設立された世界最大規模の認証団体です。95%以上が自然原料必須、全体の5%以上がオーガニック必須、植物原料の50%以上はオーガニック必須という基準を設けています。

demeter(デメター):ドイツで設立され、世界でもっとも基準が厳しいと言われている認証団体です。バイオダイナミック農法という、植物に本来の生命力をもたせて育てるための徹底した農法が必須になっており、そうして栽培したデメター認証原料を90%以上使用していること、化学香料は使用不可、動物実験禁止という基準が設けられています。

■テスターやトライアルセットで試してみる

最終的には試してみることが大事です。トライアルセットなどを用意しているブランドもありますので、まずは気軽に気になるオーガニック化粧水を試してみましょう。

しかし、天然素材の中には大豆など、アレルギー原料になるものが含まれている場合もあります。自分の体質にあったものを見定められるように調べておきましょう。

■肌悩みに合わせて他の成分もチェックする

オーガニック化粧水を選ぼうとしているということは、肌に優しい化粧水を探しているということだと思います。敏感肌や、乾燥肌、ニキビ肌など、肌質や肌悩みは人それぞれですから、オーガニック成分と合わせて「セラミド」「ヒアルロン酸」「グリチルリチン酸」「ビタミンC誘導体」などの有効成分が配合されているのかをチェックすることも大切です。

オーガニック化粧水は種類も豊富で、オーガニック成分以外にも美容有効成分を含んでいる商品もたくさんありますから、自分の肌質や肌悩みに合わせて他の成分もチェックしてみましょう!

3. 手軽に買えるオーガニック化粧水

■MARKS&WEB モイスチャーハーバルウォーター ラベンダー/カモミール

マークスアンドウェブは日本生まれのデイリープロダクト(日用品)ブランドで、スキンケア用品の他にも石けんやブラシなどを販売しているブランド。赤ちゃんから大人まで、年齢や性別を問わずに安心して毎日惜しみなく使い続けることができる価格で提供したいということをコンセプトに、良質な商品を手ごろな価格で提供しています。こちらの商品もオーガニック化粧水ながら1980円というプチプラ価格。カモミールラベンダーというボタニカルな香りも女性に人気です。

■メルヴィータ フラワーウォーター リセットミスト ローズ


フランス発のオーガニック認証ブランド「メルヴィータ」の化粧水です。ECOCERTの認証を受けている品質への信頼感がありながら50ml 972円という価格。(100mlは2592円税込み)保湿力で口コミ評判が高く、その肌触りの良さも魅力のひとつです。香りも女性が大好きなローズの香り。

 

■レシピスト バランスととのう化粧水

みずみずしい感触ですっと肌になじんでいき、うるおいバランスをを整えてくれます。肌にうるおいを与えつつ、ベタつき・カサつきがないバランスの整った肌へ導きます。爽快感のあるヴァーベナの香りでリラックス効果も◎ニキビのもとになりにくい処方なので、ニキビ肌の人にもおすすめです。

■ネイチャーズゲート モイスチャライザー ライスブラン

しっとりとなめらかな肌に整える、化粧水と乳液が1本になった高保湿のモイスチュアライザー。ライスブランオイル、マカ根エキス、オートカーネルエキス配合で、ビーガン処方なのも欧米の女性から人気を集めています。お米からできているということで日本人の肌とも相性が良いのだとか。118mlで2160円(税込み)なのでお手頃価格。ネイチャーゲートには他にも、オーガニックシャンプーの取り扱いもあるのでぜひチェックしてみてください♪

4. 信頼できる国産オーガニック化粧水

■HANAオーガニック


HANAオーガニックは、日本生まれのオーガニックに特化したコスメブランドです。100%オーガニック処方で作られた化粧水は、他の化粧水に比べてシンプルな使い心地ながら、使うたびに肌が自らの力で再生されていくようにハリやツヤを取り戻していくという口コミがありました。肌本来の力を活かして、内部からイキイキとした肌へと導きます。

化粧水1本にバラの花びらを3000枚使っていて、水を1滴も使わないローズウォーターが主な原料であるのも、オーガニック化粧水を探している人にはうれしいポイントです。

まずはトライアルセットで試してみてはいかがでしょうか?

【トライアルセットの購入はこちらです】

■L’ORACLE(オラクル化粧品)


出典:https://www.loracle.jp/otameshi/

オラクルは植物由来の天然成分をベースにしたスキンケアブランドです。肌そのものの力に着目し、使うほど肌の違いを実感できると愛用者を増やしています。敏感肌の方でも安心して使えるスキンケアラインで、妊娠や出産をへて肌のタイプが揺らいでいる人や、月経のたびに肌トラブルに悩む人にもおすすめです。

オラクルにもトライアルセットがあります。まずは1週間試してみてはいかがでしょうか?

【トライアルセットの購入はこちらです

■琉白(るはく)


琉白(るはく)は沖縄の自然の恵みを贅沢に使用した沖縄オーガニックコスメブランドです。月桃(げっとう)という沖縄に咲くハーブが主原料で、月桃には乱れた肌環境を整え健やかな肌へ導く力があるため、バリア機能が乱れた肌に適したスキンケア商品と言えます。
今ならトライアルセットを990円(税込み)で購入できるキャンペーンを実施中です。

【トライアルセットの購入はこちらです】

5. まとめ


オーガニック化粧水について選び方や手軽に買える商品をお伝えしました。
国産オーガニックブランドは、日本人の肌に合うように設計された化粧水を販売しているので、「肌に合うのかどうか心配」「敏感肌だから低刺激のものがよい」という人はぜひ国産オーガニックブランドで化粧水を購入することをおすすめします。

しかし、中には海外のオーガニックも日本人向けに商品を開発したり、各国の要望を取り入れるなど、研究開発に力を入れている場合もあり、一概に「国産が絶対良い!!」とも言えないのが正直なところ…。

結局のところ、自分のお肌に合う化粧水を見つけることが一番なので、トライアルセットやテスター、サンプルなどで少しずつ試しながら、自分のお肌に合うオーガニック化粧水を見つけましょう。

オーガニック化粧水で肌も心もリラックス♡優しいスキンケアを始めよう!
この記事を評価