【乾燥】による頭皮トラブルは、シャンプーのやりかたを少し変えるだけ

この記事を読んでわかること
・主な乾燥による頭皮トラブル
・頭皮が乾燥する原因
・乾燥を防ぐための方法◎

 

冬が近づくにつれて肌やお顔も乾燥してきますよね?しかし、乾燥するのは頭皮も同じです!実は、頭皮は冬の乾燥するときだけでなく、原因によっては夏場も乾燥する場合があります!そして乾燥することによって様々な頭皮トラブルが発生します。

今回は乾燥によって起こる頭皮のトラブルについて、原因も含めてお話ししていきます。清潔で清々しい頭皮になりたいですよね?もちろん乾燥を防ぐケア対策までバッチリご紹介しますよ♡トラブルのない清潔な頭皮を目指しましょう!

1.頭皮が乾燥するとこうなる!

出典: http://beauty-professionals.net/

頭皮が乾燥することによって、水分を保つ機能雑菌の過剰繁殖を防ぐための機能が低下します!その結果以下のような症状が発症します。

・かゆみ
・フケ
・頭皮湿疹
・頭皮ニキビ
・抜け毛

フケに関しては大きく脂性フケ乾性フケの2種類があります。頭皮が乾燥することによって起きる“乾性フケ”は名前の通り乾燥しすぎることによって起きるフケで、ターンオーバーが乱れた結果、健康な頭皮であれば目立たず剥がれるものが大きな塊となって剥がれるため、それがフケとなって現れます。

頭皮湿疹はアトピー性皮膚炎・接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏湿疹などが原因で、特に冬場に多く乾燥して見られると言われます。

できると痛みをともなう頭皮ニキビ。にきびって皮脂が多いとできるイメージで乾燥は関係ないんじゃないの?と思われますが、乾燥により雑菌を殺す免疫力が低下し、ニキビの原因となるアクネ菌が頭皮に異常繁殖した結果“頭皮ニキビ”となります。

抜け毛に関しては、血行が悪くなり頭皮が水分不足となると各細胞に栄養が行き渡らず、髪の毛が伸びるための細胞分裂がうまく行われずに抜け毛が増えてしまいます。

2.頭皮が乾燥する原因

頭皮が乾燥する原因はいくつかあります!以下の条件に該当する人は頭皮が乾燥しているかもしれません。チェックして見てくださいね!

1シャンプーの洗浄力が強い
洗浄力が強すぎると頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまいます。

2シャンプーの使用頻度が多い
洗浄力が強いことと同じで頻度が高いと必要以上に皮脂を洗い流してしまいます。

3爪を立てて乱暴に洗う。
乱暴に洗うことによって頭皮に傷がつき乾燥の原因となります。

4熱いお湯でシャンプーを流している
熱いお湯のお風呂に入るのと同じで熱いシャワーでシャンプーを流すと乾燥しやすく皮脂が流れ落ちてしまいます。

5紫外線によるダメージ
紫外線は頭皮に強い刺激となり頭皮が痛み乾燥へとつながります。

6寒さや空気の乾燥によるダメージ
紫外線と同じく頭皮への強い刺激となります。

7睡眠不足・ストレス
体の血行不良が起き、新陳代謝が低下し結果的に皮膚が乾燥します。

8乱れた食生活
ビタミン不足になると頭皮の新陳代謝が悪くなるためビタミンAやビタミンB6を取り入れることが大事です!

3.気を付けるポイント

■シャンプーのせい?

シャンプーは洗浄力が強すぎると、汚れと一緒に必要な分の皮脂まで流し落としてしまいます!夏など汗をかくシーズンは1日に何度も髪の毛を洗いたくなるかと思いますが、できるだけ皮脂を流し落とさないために控えるほうがよいでしょう!シャンプーに関しては洗浄力が強すぎないものを選びましょう◎特にアミノ酸系界面活性剤が入っているものは頭皮を優しく洗い上げてくれます。また保湿成分が含まれているもシャンプーもおススメです♡

▼正しいシャンプーの方法

1シャンプー前にまずはブラッシング
髪の毛を巻いていたり、スプレーで固めている方は毛先から優しくとかして髪のもつれやほこりを取り除きます。ブラッシングでほこりや汚れを落とすことでシャンプーの泡立ちがよくなります!

2ぬるま湯で頭皮の汚れをおとす
2分間を目安にぬるま湯でしっかりと頭皮と髪を濡らしましょう。実はお湯だけで汚れが8割落とせるといわれています。お湯は暑すぎると逆に乾燥に繋がるため36〜39℃が適温です。

3シャンプーを泡立てて洗う
シャンプーはまず手のひらでしっかり泡立てましょう。泡立てずに直接シャンプーを頭皮につけると良くありません。その他にも爪を立てたり、ゴシゴシ強く洗わないように意識しましょう!力加減は優しすぎても逆にかゆみが残ったり、スッキリ洗えなかったりします。美容師さんの力加減を思い出しながら洗うといいですね◎

4ぬるま湯でシャンプーをしっかり落とす
せっかくシャンプーがうまくできても、すすぎができていないとフケなどが悪化する原因となります。すすぎは少なくとも2分ほどかけて、襟足や耳の後ろなどのすすぎ残しがないように気をつけましょう

5髪はドライヤーでしっかりと乾かす
ドライヤーは髪が傷むと思い自然乾燥をする方もいますが、乾燥を防ぐためにはシャンプー後は素早くドライヤーで乾かしましょう!濡れたまま置いておくと湿気により雑菌が発生し、かゆみやフケの悪化へとつながります。髪全体が8割ほど乾いたら冷風に切り替えましょう!ドライヤーでのダメージは、一部に熱を当てすぎたりドライヤーを近づけて当てすぎなければ大丈夫です。

■頭皮の日焼け

出典:https://www.bijou-social.com.cy/

頭皮はからだで最も太陽に近く、紫外線を多く受けやすい部分です!頭皮って日焼け止めを塗ることもほとんどないですよね?夏の紫外線が強い時期に帽子もかぶらず頭皮をさらすことは、大きな刺激となり頭皮の乾燥につながります!分け目がいつも同じ場所にしている人は特にその分け目から薄毛にもつながると言われております…。

対策法としては紫外線の強い時期は帽子をかぶる、日傘をさす、分け目を頻繁に変えることです。またアフターケアの基本としては保湿です。天然由来成分がメインの育毛剤には保湿成分が多く含まれているためケアに適しているといわれています◎

■意外と知らない○○も絶対だめ!

▼トリートメントは頭皮につけない!
シャンプーの後に当たり前にしているヘアートリートメントですが主剤のカチオン界面活性剤は吸着力が強く頭皮に残りやすく刺激が強い成分です!頭皮にできるだけつけないように意識してトリートメントを行ないましょう!

▼朝シャンプーは控えましょう!
皮脂は頭皮を守るバリアの役割があります。そのバリアを朝シャンプーすることによって流してしまい、紫外線を頭皮が直で浴びてしまうことになります。皮脂は復活するのに約6時間かかると言われています。夜シャンプーをすると寝ている間に皮脂が復活しますが、朝シャンプーの場合それが難しくなります…。髪は夜に基本1日に一回洗うようにしましょう。

■頭皮マッサージで血行促進!

出典:https://precious.jp/

乾燥は血行の流れが悪くて起きることもあります!頭皮にローションでケアをする際などこの一手間を加えてみましょう!

1両手の5本指で頭を包むように掴み、頭皮を回すように円を描きながら優しく揉む

2先ほどのマッサージを頭の側面・後頭部と全体的に行う

3両手の指を絡めて組み、頭を挟むように圧迫する

4両手の5本指を前頭部に当てて、皮膚を中央に寄せるように圧迫する
※頭皮にストレスを与えない程度に優しく行ってください!

ヘアケアについてはこちらにも詳しい記事があります♡

おすすめヘアケア用品を種類別で紹介◎キューティクルを守って髪美人♪

4.頭皮にうるおいを与えるアイテム♡

■頭皮に優しいシャンプー

【haru 黒髪スカルプ・プロ】

100%天然由来のこのシャンプーは保湿成分はもちろん紫外線を髪から守る成分も配合!スイカズラ花エキス・グアバ果汁エキスが頭皮を紫外線から保護してくれます♡セロリから抽出した成分はかゆみを抑えてくれ、頭皮ストレスを取り除いてくれます◎リンスいらずのシャンプーです!

【h&s 地肌ケアシャンプー】

深海ミネラル成分が、地肌を優しく洗い上げ乾燥・かゆみ・ふけを防いでくれます!それだけでなく洗い上がりさっぱりで、すっきりまとまる髪へと保湿してくれる有能なシャンプーです◎

【mogans ノンシリコン アミノ酸シャンプー】

植物由来の天然アミノ酸成分を高配合!髪と同じ弱酸性のため頭皮がつっぱらず、髪にも優しく保湿力も高いのでパサつかずしっとりとした洗い上がりです♡パラベンなどの保存料を使用せずカミツレ花エキス、ハイビスカス花エキス、ラベンダー花エキスの保湿成分など香りにもこだわり有りでリラックス効果も期待できそうですね◎

【ナチュラルヘアソープ ウィズJO】

今人気のホホバオイルが配合されたこのシャンプーは保湿力に優れ髪の毛の保湿を保ってくれます。頭皮や髪の毛にも優しい酸性石鹸とういう成分で洗浄してくれます♪

■頭皮ケアアイテム

【大島椿】

日本でも昔から髪に良いとして使われてきた椿にはオレイン酸トリグリセリドという成分が含まれており、人の皮脂に近い成分で、皮脂に似た働きをしてくれて頭皮を乾燥から守ってくれます。椿オイル100%なので少しべたつきますが頭皮のマッサージとして使い、その後シャンプーで流し落とします。シャンプーだけでは落としきれない毛穴の奥の汚れもしっかり落としてくれます◎

【NOV スカルプローション】

特に敏感肌という方にオススメの低刺激頭皮ケアローション!ローションにはとろみがあり、頭皮をしっかり保湿してくれます。先端が頭皮に塗りやすいよう細くなっており、とても塗りやすいです◎無香料・無着色でとても安心です!

シャンプーについてはこちらにも詳しい記事がありますよ♪

シャンプー選び困ってない?美容師おすすめ、人気のシャンプー教えます😀

5.まとめ

頭皮の乾燥トラブルについてご説明をしましたがいかがでしたでしょうか?乾燥に悩んでいた方は、意外とダメな行為をしていた!と思い当たる節があったのではないでしょうか?乾燥が進みすぎてしまうとその分ケアをすることも大変になります…。日頃からできるケアを行い乾燥予防できるようにしたいですね♡これからまた冬になるにつれて乾燥がひどくなる前に今の頭皮ケアをもう一度見直してみましょう!◎

ライター:吉田

【乾燥】による頭皮トラブルは、シャンプーのやりかたを少し変えるだけ
この記事を評価